2008年06月

2008年06月30日

組み直し

組み直し


 大粒のターコイズネックレスの修理です。
お世話になっている取引先き店からのご依頼です。

お預かりしたら、まずは全体を写真でパチリと写します。
組んでいる途中でスルリと抜け落ち、バラバラになったら大変ですので・・・

ナイロンコーティングのワイヤーで組み直します。


・・・・(組んでます)

・・・・(組んでます)

・・・・(組んでます)

・・・・(組んでます)


ワイヤーが手元からスルリ・・・

オウ、マイ、ゴッ〜〜〜〜〜〜ド (`□´/)/ (←何故か絵文字が使えないので、顔文字)

慌てない慌てない。ほっほっほ〜〜〜こんな時に写真は役にたつのです。

組み直しだけなら誰でも出来る仕事なので、ひと手間いれたサービス。
金属のパーツは磨いて納品。

「綺麗になったわね!」と喜んでいただけました。
ちょっと嬉しいのです。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 修理 

2008年06月27日

アクアマリンのペンダント

ペンダント


 「誕生石を毎日身につけていたい。」
とのご要望で、小さいですがとても綺麗な透明度の高いアクアマリンで
プラチナペンダントを作らせてもらいました

地金の説明から、石の説明まで詳しくお話させてもらいした。
ルーペで石をご確認してもらいご納得いただきました。

石枠の中にチェーンを通す構造です。丸カン、バチカンの金具が
ないのでしっかりした作りで、普段つけに向いてます。
アズキチェーンの線径も若干太めですのでしっかりとしてます。

Y様ご夫妻、この度はご依頼誠にありがとうございました。
クリーニングやチェーン切れ等のメンテナンスにまたお越し下さい。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 11:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) オーダーメイド 

2008年06月25日

ピンセット

ピンセット


 シゲスミスの「たぶんやさしい彫金講座」意外とうけが良かったので、
今回は”ピンセット編”

ピンセットは無駄な物も含めて、7本ぐらい常備しています。
写真のピンセットは、ロウ付け用。
パーツとパーツをロウ付けする際に、このピンセットで摘んで、
空中でロウ付けします。

ピンセットの先は、平行になってピッタリと合わさるように加工しています。
摘んだパーツがこれで安定します。
「買った道具は自分が使いや易いように再加工する。」
これ基本。

な〜〜〜んて。

1000℃近い真っ赤なパーツを、膝や足の甲に落としたくないので・・・


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 工具 

2008年06月23日

motive2

motive2motive2







オープンスタジオ彫金教室の生徒さんが、20日(金)〜29日(日)まで3人展をされています。

「motive 2  でてきたかたち」

「高光俊信 OPEN STUDIO」
silverアクセサリー三人展
(高光先生は私の先生です)

6月20日(金)〜29日(日)
11:00〜22:00
火曜〜20:30
equipment:FLOOR(エクイップメントフロア)
096-323-1197

個性的な作品がた〜〜〜くさんあります・・・たぶん(すみません私はまだ行ってません)
皆さん是非、足をお運び下さ〜〜〜い。

アトリエシゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 展示会 

2008年06月20日

星座のペンダント

おうし座のペンダントてんびん座のペンダント







 北海道よりご依頼いただいたオーダーメイドのペンダント2点です。(ちょっと画像が悪いです)

http://www.sgesmith.com/P080620.html

 社会人になりこれまでの感謝の気持ちをご両親に伝える為に、ペンダントをプレゼントしたいとご相談いただきました。
大まかなデザインは決めていらっしゃいましので、メールにて送っていただき、
ペンダント用のデザインに新たに起こしました。

お父様のペンダントはおうし座をモチーフにして、メレダイヤを1石。

お母様のペンダントはてんびん座をモチーフにして、ムーンストーン、オレンジムーンストーン、ブルームーンストーンを1石づつ留めています。

完成後、ご実家の方へ送らせてもらいました。

ご両親に感謝の気持ちを伝える・・・なんとまあ(TдT)(ノД`;)(TдT)

K様この度はご遠方からご依頼誠にありがとうございました。
これからも、お体に気を付けてお仕事頑張って下さい。


アトリエシゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0) オーダーメイド 

2008年06月18日

笄(こうがい)

笄笄





 笄(こうがい)の修理のご依頼でした。
差込部分(雄)が細くなり、外れやすくなってましたので、
棒(竹)を引き抜き、上下を差し替え、綺麗に形をペーパーで整えて、
元の色を出す為、火で炙ったら修理完了です。

簪(かんざし) 櫛(くし)  笄(こうがい)

日本髪に欠かせない、3点セットです。

 笄とは?
「武具のひとつであったが、髪を掻き揚げるものに移行した。
結髪を八分がた作り終えてから仕上げに左右から挿すための、装飾品」 
だそうです。(JJA用語辞典とウィキペディアより)


引き出しが、一つ増えましたv( ̄∇ ̄)v


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 修理 

2008年06月16日

ロジウム仕上げ

ロジウム仕上げ


 クリーニングさせてもらったカルティエの2本のリングです。
地金はK18ホワイトゴールドです。
市販されているホワイトゴールドには、通常ロジウム仕上げが施してあります。
「メッキ」→「仕上げ」と最近は呼ばれるようになりました。
言葉は違っても、内容は同じです。
「メッキ」という言葉に、「メッキが剥げる」マイナスイメージがあるのだと思います。
メッキは漢字で「鍍金」書きますが、日本では1400年前から大仏様をメッキする技術が中国から伝授されたそうです。
話が逸れそうなので、元にもどして・・・

皆さんが知っているように金は黄色いです。
パラジウムとその他の金属を金に混ぜ、白身をだしますが、
やっぱりまだ少し黄色いので、上からロジウムをメッキします。
ホワイトゴールドが何故生まれたか・・・
これも話が長くなりそうなので・・・やめておきます。

なので皆さんがお店で見ているホワイトゴールドは実はロジウムの色なのです。
JJA(日本ジュエリー協会)では、地金の色をもってホワイトゴールドと呼ぶことできるそうですが・・・
クリーニングの為に、メッキ剥いでみるとビックリするぐらい黄色い地金が表れたりする時もあります。
写真のリングは右が剥がす前、左が剥がした後です。
このリングはメッキをかける必要がないぐらい白い色合いです。
丁寧に鏡面仕上げして、脱脂後、再度ロジウム加工を施して、お渡ししています。

当アトリエで使用するホワイトゴールドは、ご説明後メッキのご希望がないようでしたらロジウム加工していません。
とて〜〜〜〜〜〜も高価な金属ですので・・・
どのくらいかって?1gでプラチナの2倍以上の価格です。



アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 修理 

2008年06月13日

ピンクゴールドのマリッジリング

ピンクゴールドのマリッジリング


 先週の日曜日に挙式を終えた、T様ご夫妻のマリッジリングです。

http://www.sgesmith.com/R080613.html

Tさんは私の友達ですが、な〜〜〜〜んと前途有望な一級建築士。
がしかし、独立したばかりのでまだまだ大変だそうです。

そのTさんがこの度花屋さんのお嬢さんとめでたく、ゴールイン
花屋に通いつめて奥様をゲットしたそうですが・・・
花を買うのが目的か?近づきになるのが目的か? (笑)

奥様のリングのデザインは自ら考えられて、製作ご依頼。
ダイヤを囲むように、4匹の蛇が取り囲むデザインだそうです。
ご自分のリングはシンプルな甲丸リングにされました。
奥様のリングはちょっと新しい技法を取り入れて製作しています
ベースはピンクゴールド。
ラインの部分はホワイトゴールドです。

「早くパパになりたい」と話していたTさん、この度はご結婚おめでとうございます。
お二人のご多幸を、心よりお祈り申し上げます。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0) マリッジリング 

2008年06月11日

梅雨

雨


 熊本も昨日から、本格的な梅雨突入です!
昨日から雨が続いてます
こんな日は客足も遠いので、雨音に耳を傾けながら黙々と作業します。

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 雑談 

2008年06月09日

リングの腕、肩

リング


お預かりして、サイズ直し済みのプラチナリングです。
このリング、腕(輪の部分)、肩(石を持ち上げている部分)、とて〜〜〜も華奢でした。
サイズUPでしたので、腕に糸鋸をいれ広げると、
手で簡単に ぐにょっとなるのです。
ぐにょ とです。
とても慎重に進めました。
これは華奢なデザインの限界を超えてます。
お客様に「壁等にぶつけるとすぐ変形すると思うので、気を付けて下さい」
とお話しました。

「こぎゃんリングば作った奴は、どこんだれや〜〜〜(熊本弁)」
と、


・・・・思いました。


大変でした



追記・・・ブログを始めて約2年8ヶ月。333回目の投稿になりました。
今後もボチボチ更新してきますので、引き続き宜しくお願いします。

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 修理 

2008年06月06日

婚約指輪リフォーム2

ペンダント1ペンダント2








前回からの続き

ということで、リフォームさせていただいたペンダントがこの2点です

http://www.sgesmith.com/reform080606.html

ご両親から娘さん達に、娘さん達から手形を残してくれたあの子供達に、さらにその子供達へと・・・。
製作してるものは小さいですが、そうなったら嬉しいですね。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) リフォーム 

2008年06月04日

婚約指輪リフォーム

リフォーム


 リフォームのご依頼でした。
リングに留っている3石のダイヤを使用して、
ご結婚され実家を離れられたお二人の娘さんそれぞれに
ペンダントとして残して上げたいと、初老のご夫婦からご依頼を承りました。

30数年前に婚約指輪としてご購入され、そのまま眠らせておくには
もったいないとご相談を受け、
まずはお見積と簡単なデザインのご提案

数日後、お二人の娘さんをともなってご来店。
その娘さん達のお子様もご来店・・・
親子3代です。

いや〜〜〜賑やかでした(^_^;)
ガラスケースとドアが小さな手形で一杯になりました(T_T)

話し合いの上、
中石のダイヤを長女さんが、脇石のダイヤを次女さんが譲り受けることになり、
賑やかな店内で、デザインを進めていきました。

次回に続く・・・


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 19:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) リフォーム 

2008年06月02日

35年物の指輪

結婚指輪結婚指輪 研磨後










 先日、お客様が
「指輪を切って欲しいのですが・・・」とご相談にご来店されました。
「35年間一度も指輪を外した事ありません、というより外れません・・・
お客様は過去何度か、石鹸や中性洗剤で試みられましたが、
しかし抜けることなく指輪は左手の薬指に抱きついたままのようでした。
関節の部分でひっかかり、抜けなかったようです。

そのまま35年の歳月が流れました・・・
(35年か〜〜〜〜)

そのまま指に抱きついたままでも・・・と思いますが、
お客様のご要望ですので、緊急用のリングカッターを使用する方法もありますが、
まずは私のゴッドハンドで!(笑

関節にある皺を、手の甲側に引っ張り、指輪を回転させながら、
少しづつ抜きます。


・・・・

・・・・


抜けました!!!

「あらっ
「何度も外そうと試したのに・・・」

その後サイズ直しと磨き直し(刻印を残す為、そしてプラチナなので表面を軽く磨きます)をしてお渡ししました。


肌身離さずつけられていた35年物の指輪は、何かを語るようでした。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 修理