ピンクゴールドリニューアル

2006年07月29日

出来ない!

 私は主に年長から小学生2年生ぐらいまでの、白帯の子供達を教えています。
白帯から水色帯に変わると、私の手を離れていきます。
また新しい白帯の子供が入ると、

「ふ〜〜〜

正座から礼の姿勢、突きの基本とまた一から始めます。

 半年もすると、白帯の子供達も上達してきます。
同じ練習内容で退屈だろうと思い、(本当は私が退屈です)
色帯の上級生達の中に入れて、練習をさせるのですが・・・

子供  モジモジ
   「出来ない!」

私  「出来る!」

子供 「出来ない!!!」

私  「出来る!!!」

と必ずなります。

そこで最近は出来ないと意思表示をしてるのに、無理にさせるのは良くないと思い
子供達の意欲が湧くまで、ず〜〜〜っと待つ事にしました。

大人のスピードで練習を進めるのではなく、子供のやる気が起こるまで待ちます。
気を長〜〜〜くして待ちます。
長〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜くして、このくらい待ちます。

保護者の方は、練習にもっと厳しさをもとめているようですが・・・(目線が痛い

辛抱、辛抱。
人生辛抱。

ブログランキングです。
人生辛抱と思われる方、
「そら、違うばん(熊本弁)」
と思う方も、
「ポチっとな」と
ワンクリックお願いしますm(_ _)m
    ↓
ranking


sgeバナー




sgesmith at 12:31│Comments(8) 空手の練習 

この記事へのコメント

1. Posted by sand   2006年07月29日 21:23
子供に何かを教えるって本当に大変だと思います。
私も子供達に何かを教えるとき、「忍耐」の二文字を胸に、本当に気を長〜〜〜く(私はこのくらい)して努力してますが…。
ついつい口をはさんだり、手伝ったり、「あ、またやってしまった」と思うこと多々あります!
心中、お察しします。
ま、子供でなくてもヒトに物事教えるってのは技術がいることですよねー。
2. Posted by ☆   2006年07月30日 00:38
(;゚д゚)ァ.... うちの子もよく言ってる><
する前から「出来ない!」って・・・

「やってみてから言ったら?!」と説得。
出来たらベタ褒め☆ 

これの繰り返しですわ・・・
3. Posted by Sge Smith   2006年07月30日 11:56
>sandさん
そうでね。私も「忍耐」の二文字は常に心がけてます。
大変ですが、子供と接して私も勉強する事、させられる事沢山あります。
まだまだこれから。

>☆さん
怒ってばかりだと、私も体力消耗します。
最近は褒めてばかりですが。
これも良くないかもですね。
飴と鞭を使い分ける勉強しないと・・・
4. Posted by イモっち   2006年07月30日 18:16
確かに!!
人生辛抱が一番です・・・苦笑
相変わらず、頑張っていらっしゃるようですね。
頑張って下さいね♪
5. Posted by 女王   2006年07月30日 20:18
昔、塾の講師のアルバイトをしていましたが、子供一人一人個性があって、怒って伸びる子、褒めて伸びる子、ほっといて自分でさせる子...色んなタイプの子がいました(汗

でも、やっぱり「自分でやってみたい!!」という子供の気持ちが一番大切のようです。

さて、どうやってそんな気持ちにさせるのか?ついつい手を貸してしまいがちですが、気長〜〜〜〜〜〜くして待ってあげることも大切ですよね☆

石の上にも3年。
辛抱辛抱☆
ふぁいとっっっ
6. Posted by Sge Smith   2006年07月30日 21:30
>イモっちさん
確かに人生辛抱です・・・私も苦笑い

>女王さん
ありがとうございます。
うれしいです。
石の上にも3年ですか〜〜、久々に噛み締める言葉です。
石の上にはもう十年ほどのってみないと・・・
7. Posted by あいぼう   2006年07月31日 22:07
足あとからきました。
私も子供たちにピアノを教えていますが、何年も教えているのに全く上達しない子もいれば、あっという間にコツをつかみ自分のものにしていく子。
上達しない子は私も「出来る」コールをついついやってしまいます。
ほんと待つことって大事ですね。
8. Posted by Sge Smith   2006年08月01日 11:11
>あいぼうさん
ピアノもセンスある子とない子
空手も運動神経のある子とない子
様々だと思いますが、一人一人に合わせて練習するって難しいと感じます

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ピンクゴールドリニューアル