れんげ畑リングの腕(うで)

2007年04月20日

貴金属は柔らかい

ヘラ磨き

 ん〜〜〜〜本日は晴天なり

「地金をしめる」と言ますが、
出来立てのリング、貴金属の表面は柔らかく、ぶつけたりすると傷が付きやすいのです。
写真のように、ピカピカに磨いた金属の棒(へら)を、リングに力いっぱい押し当てて、
表面を固くします。これを「しめる」と呼びます。
この後には、火を使いません。また柔らかくなるからです。

この工程をひと手間加えることで、仕上がりが全然違ってきます

疲れますが・・・

Sge Smithのホームページへ

sgesmith at 11:42│Comments(0)TrackBack(0) 製作 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
れんげ畑リングの腕(うで)