広島のお好み焼き修理、サイズ直し リフォーム

2008年05月19日

爪の修理

爪の修理爪の修理









 修理のご依頼でした。
このタイプのリングは土台はしっかりした作りですが、爪が2点留めなので、
石のガードル(石を上から見て外周の部分です)に大きな衝撃が加わると、爪に負担がかかり変形して、石が外れることがあります。
お預かりしたリングも変形して、石が外れていました。

まずは変形した爪と少し土台をカットして、新たに爪をプラチナで作り直し、
石留めしました。
最後にキズだらけだった指輪を磨き直し完成です。
新品同様とまではいきませんが、応急処置になります。

「生まれ変わったわ!」と喜んでいただけましたが、
「爪が随分磨り減ってますので、今後石の緩みに気を付けて下さい」とお話しました。

帰宅したら、リングに留っているはずの石がない・・・という惨事も考えられます。
外出先で石が外れると、見つけるのがとても困難になります。

皆様のお手持ちのリングは石の緩みがないか、時々チェックしてみて下さい。
グラグラ、カカチカ音がするなら、お近くの宝飾店へ。

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:07│Comments(0)TrackBack(0) 修理 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
広島のお好み焼き修理、サイズ直し リフォーム