形見の指輪をリフォーム石留め

2008年09月08日

地金吹き

 シゲスミスの「たぶんやさしい彫金講座”地金吹き編”」
いつかブログのネタにしようと、携帯で撮っていたのが
残っていたのでアップしてみたいと思います。

 今回は金(K18)を吹きます。
吹くとは、溶かす、溶解することです。
銀、金、プラチナ、それぞれ溶解の方法が少し違ってきます。

溶解1






あけ型(ピンボケ写真)に油を少し引いて、バーナーで熱しておきます。



溶解2






 坩堝(るつぼ、カーボンを使用しています)に地金を入れて、フラックス(硼砂)を少々いれて、バーナーで溶かします。



溶解3





火を当てながら、迷いなくいっきにあけ型へ流し込みます。
迷ったら、不良地金になります。
流し込む最適な温度は1000℃近いのですが、
「今、何度かな?」と指を入れてのんびり確認できないので・・・・
経験と感です。湯(地金)の色やとろみで判断です。

溶解4

酸洗いをして金塊の完成です
今回は良い地金が出来ました。

シゲスミスの「たぶんやさしい彫金講座”地金を吹く”編でした。」


ノギス編”が随分好評のようです。
参考になればいいのですが、検索によくひっかかっています。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:57│Comments(2)TrackBack(0) 製作 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ちーちゃんぐ   2008年09月08日 21:29
4 ほんとにやさしくて解り易いですね〜
作品が完成するまで、様々な工程を丁寧にこなしていくのは大変そうですが、何かをじっくり育てている感じで、愛着が湧きそうですね^^。。
2. Posted by シゲスミス   2008年09月10日 13:05
>ちーちゃんぐさん
この後が叩いて延ばすという
大変な作業ですが、コツコツやってると
やっぱり愛着が出てきます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
形見の指輪をリフォーム石留め