ブログしばし休憩ご予算内で婚約指輪

2011年09月15日

ブログ再開

 金の売却ブームも随分落ち着きました。
小さなお店がお客様でごった返し混乱しましたが、
冷静になりたんたんと仕事を進めることに専念しました。

日本の景気が良かった頃の金製品をたくさん買取させて頂きました。
99%は業者に売却し、精錬されて延棒になり、
現在景気の良い中国やインドの投資用の金や宝飾品の材料になります。
残りの1%は製品として残しオークションにかける予定です。
日本のオークション会場も中国やインドから買い付けにくる
バイヤーが多いようです。

加工を主な業務とする職人にとっては、
宝石と地金を別々に仕分け、
地金の価値のみで値段をつけることに心が痛みます。
二次流通できる良い品は良いお値段をつけたいと思いますが、
しかし極一部に限られます。
全てを2次流通させるには無理があるので、
どこの買い取り店でも地金として買取せざるを得ないと思います。

全ての宝飾品には入り口があれば出口があります。
しかしカタチとしてず〜〜〜っと残るのは極一部です。

宝飾品と持ち主の間のストーリーを大切に、
職人としては残せるカタチ作りに励み、
鑑定士、査定士としては良いものを見分ける事が
出来るようになりたいと思います♪

アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:44│Comments(0)TrackBack(0) 雑談 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ブログしばし休憩ご予算内で婚約指輪