修理

2011年03月21日

綺麗になってびっくり!

クリーニング前クリーニング後







 サイズの直し、変形直しのついでにさせて頂くクリーニング。
指輪についた傷は取るのではなく潰します。
傷のついた凹凸を超硬金属でゴシゴシ磨くと、
粘りのある貴金属は平らになります。
貴金属の量を減らすことなくクリーニング出来ます。
とてもエコなクリーニングなのです。
お渡し時にお客様が目を見開いて驚いて頂けるとちょっとドヤ顔です♪
反応がない場合は・・・いつも通り。
クリーングのみでしたら指輪で¥1,500(税込)です。

体調が戻ってきました。


アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月03日

印台リング オニキスを石合わせ

印台リング









 指輪の修理のご依頼でした。
お預かりした形見の大切な指輪ですが、印台上部のオニキス(オニックス)が
破損しています。

ちょっと大き目のオニキスをリカットして、
この枠ピッタリに再度石合わせです。
ピカピカに磨いて、また形見としてよみがえりました。



オニキスリング









アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 11:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月26日

バングルの弱点

バングル


 シルバーバングルの修理のご依頼でした。
バングルの修理は2、3度程したことがありますが、
開いたり閉じたりすると金属疲労で折れます。
この細いバングルも折れていましたので繋ぎます。
折れた所を繋ぐだけではまた必ず折れますので、
一枚の板を折れ目に補正して繋合わせます。

ん〜〜〜〜また違う箇所が折れるでしょうね・・・
このような細いバングルを手首に嵌めるさいは、縦に開かず、
横に開いて下さい。


アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月19日

修理 ブレスレット

ブレスレット


 テニスブレスレットと呼ばれるダイヤモンド等の石が一周留まった
ブレスレットはよく見かけます。

通常は少し爪を彫り起こして留めるチョコ留めや、
ベゼルセッティグが多いのですが・・・

これは全て爪枠で留めてあります。

洋服に引っ掛けるので修理して欲しいとご依頼されました。

ん〜〜〜これだと引っ掛けると思います。

爪を全て倒し直して、ちょっとしたある物を使用すると、
あら不思議引っ掛かりがなくなります。

テストに私のセーターですゴシゴシ。
O,Kです
これで完成です。

ちなみにこれはインドで購入されたそうです。

アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月12日

石合わせ ダイヤモンド

石外れ







 お預かりした指輪は、ダイヤモンドが外れています。
全く同じサイズはありませでしたが、近いサイズで石合わせ出来ました。
   ↓

石合わせ後








アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 14:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月19日

ハイヒールの修理

靴修理

 ハイヒールを修理しました・・・
お持ち込みされたときにはちょっと驚きましたが、
当アトリエでも修理可能だったのでお受けしました。

金具を切って、ちょっと剥がれていた革の部分をボンドでつけたり・・・

お電話でも時々変わった修理や加工のお問い合わせがあります。
専門外の事でも難しくない修理はお受けしてます。
時々です・・・

アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月03日

小さな宝石屋さん

サイズ直し

 小さな宝石屋さんが出来る程のサイズ直しのご依頼でした。
全部で8本。
その前に2本のサイズ直しもご依頼されました。
お一人のお客様でこれだけの指輪のサイズ直しのご依頼は初めてです。
横一列に並べたら綺麗だったので撮影してみました。

石に熱が加わると割れるので、石が外せそうな指輪は全部外して、
サイズ直ししています。
最後に綺麗に磨いて納品です♪
嵌めれるようになったので、大変喜んでもらえました。
数があったので少しだけ割引させてもらいました。


アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月11日

回るリング

指輪


 最近は仕事のモチベーションが感じです。
5月病でしょうか?

サイズ直しでお預かりした指輪ですが、面白い指輪です。
指輪の上についている輪、石が留ってますが、グルグル回ります。

指に嵌めて、手を動かすたびにユラユラ、グルグル回ります。

指輪の構造をじっ〜〜〜〜と眺めてました



指輪

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:28|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年05月04日

アンティークジュエリー

アンティークジュエリー


 ペアリングをご依頼いただいているお客様から、
今日、結婚のお祝いのケーキをいただきました。。
ブログをご覧になってるようで・・・嬉しいです。
N様ありがとうございます。

また教室の生徒さん(生徒さんでも皆さん私より年上です・・・)
多くの方からのお祝いのメール、メッセージありがとうございます。
このブログを通して、改めてお礼を申し上げます。


________________________


 ↑の写真はアンティークの指輪です。
サイズ直しのご依頼でした。

ダイヤは少し不揃いですが、全てオールド・ヨーロッパカットでした。
現在主流のラウンド・ブリリアントカットに比べると深さがあるのが特徴です。

実はこの指輪は、アンティークジュエリーの展示会で
展示されていた指輪でした。

私も職業がら興味があるので、展示会に出かけていろいろとお話を聞きました。
お値段等々・・・
目が飛び出るほど良いお値段でした。
(いや〜〜〜〜アンティークですね)

(この指輪をご購入される方はどんな人なんだだろうな・・・)と思ってましたが、
ご購入された方が、当アトリエにサイズ直しご依頼されました。

この指輪はどんな職人が作って、どこの国で、何人ぐらいの、どんな方の指を飾ってきたのでしょうか・・・
いくらでも想像は膨らみますね。
これがアンティークジュエリーの楽しみ方だと思います。


アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年04月29日

組み上げ、組み直し

ライスパール


 2mm以下の小さな真珠を芥子(ケシ)パール、不揃いの淡水パールをライスと呼びます。写真はライスです。
当アトリエでは組み直しが月3〜5本程ご依頼がありますが、
ケシやライスの組み直しは大変です。
6mm〜8mmの丸玉が一番多い大きさですが、1連になった120cm〜200cmを3連〜5連にする組み直しはちょっと気が遠くなります。

上記の写真でも約1,000個近くはあると思います。

組み上げ


アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 16:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月15日

取り巻きリング

取り巻きリング


 ダイヤの取り巻きリングです。
これはクリーニングのご依頼です。

キズの付いた腕を磨いて、汗や汚れで曇ったダイヤの汚れを落とすと、
見違えるようにピカピカなります。

サイズ直しの時にクリーニングもしてますが、
ピカピカに蘇ったリングにお客様はけっこう驚かれます。

磨くだけですが、喜んでもらえると嬉しいです・・・

ちなみにクリーニング ¥1,500 
購入された時よりも綺麗に磨きます!


アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:58|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年03月23日

ミステリーセティング

ミステリーセッティング


 サイズ直しのご依頼です。

中央に留っているルビー、外側に枠はありますが
石それぞれに爪がありません。
ヴァン・クリーフ&アーペル社が開発した、
ミステリーセッティングされた指輪です。

修理を行なっている当アトリエにもとうとう持ち込まてきました。
この指輪がサイズ直しで持ち込まれたらお断りしようと思っていました。
石がバラバラになったら大変です・・・
他店でもお断りされたそうなので・・・当アトリエも。

でも・・・でも・・・

大袈裟に言うと、未知の世界に挑戦したくなりました。

結果



サイズ直し出来ました。
1.5号サイズアップ
緊張しました。

いや〜〜〜良かった、良かった・・・

プラス1.5号、マイナス1号ぐらいが限界だと思います

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年03月16日

真珠の取り付け

真珠


 真珠が外れると指輪に芯が残ります。

爪で留める場合もありますが、市販品のほとんどが芯留めしてあります。
真珠に穴を開け、芯にボンドをつけて留めます。
年月が経つとこのボンドが劣化して、真珠が外れます。

不良品として修理のご相談がありますが、これは不良品ではありません。

劣化したボンドを全て綺麗に剥がして、ボンドをつけて留め直せば修理終了です。
ご家庭でも出来きる修理です。
当アトリエが修理すれば、ごっそりいただきますよ(笑

※瞬間接着剤は使用しないで下さい。
硬化後粘りがなく、真珠についたら大変です・・・

真珠


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:14|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2009年01月26日

アンティークブローチ 修理

アンティークブローチ カメオ


 アンティークブローチの修理をしました。
(凸がカメオで、凹がインタリオと呼びます。それとエナメル画のブローチ)

本体の修理ではなく、本体についているチェーンとピンの修理です。
アンティーク品は金具の状態が悪い物が多いので、ちょっとした工夫で
ピンのバネがきくようになります。

重いブローチなので、ピンが外れて落ちることがあります。
なのでセーフティーチェーンを取り付けます。
このチェーンも無くなっているものが多いので、新品を取り付けました。

綺麗な彫刻や絵に見惚れながら修理させてもらいました♪

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月14日

リカット(再研磨) ウォーターオパール

研磨前

 キズのついたウォーターオパールです。
これは枠から外した、ルース(裸石)の状態です。

皆さんがよくご存知なのは、乳白色のホワイトオパールだと思います。
その他に黄色〜オレンジのファイアオパール
ブラックオパール。

↑このオパールは再研磨のご依頼の石です。
キズがついて曇っています。

研磨後↓

研磨後

綺麗ですね〜〜〜〜、角度をかえると、透明な石の中に色がたくさん現れます。
とても神秘的です。
うっとり見とれます。
写真でしかお伝えできないのが、残念ですが、
オパールの魅力です。

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 16:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月07日

使い捨ての文化

バレッタ


 身内の者に頼まれて、こんなもの修理しました。
100円ショップで売られている、ヘアークリップです。
バネになる箇所に1本の心棒がありますが、この心棒の片側に留めがついておらず、
閉じたり、開いたりしていると、金具が少しづつずれて、外れてしまいます。

金具の片側を、トントンと槌で叩いてかしめると、修理は終わりですが・・・
この手間があると、100円でももう少し長持ちすると思います。

こんな修理でも喜ばれると、嬉しいです。

100円なので、壊れたら使い捨てでしょうが・・・ちょっと悲しい気がします。
と思っている私も100円ショップに足をよく運びます。


※これは身内が依頼したものです。
品物より修理代が高くなりますので、
通常は修理しておりません。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月15日

ピアスポスト折れ

ピアス修理

 ピアスの修理ご依頼でした。
ピアスのポスト(棒の部分)は、曲がったり、折れやすいです。
修理可能でしたら、お受けしています。

修理不可能なピアスとしては、
●石が留っている。
●色(エナメル)が入っている。

メッキ製品は、火を入れると少しだけ黒くなったり、
磨く時にメッキがはげて黄色い地金が表れます。
ご了承の上、修理をお受けしています。

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 11:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年11月24日

金属疲労

金属疲労

 シルバーネックレスの金具修理のご依頼でした。
持ち込まれた時には矢印の部分に亀裂が入り、今にも折れそうな金具でした。
(画像は修理後です。)
金属を曲げたり、延ばしたりしていると、ポキッ!と折れる事がありますが、
これを金属疲労と呼びます。
この修理は亀裂をロウ付け後、磨いて仕上げる簡単な加工で済みました。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年10月31日

リフォーム?修理?

ホワイトゴールドリング


 留っていたダイヤを全て外し、お手持ちの指輪に留っていたルビーを
セットしました。
 ↓

http://www.sgesmith.com/reform081031.html

お預かりしたホワイトゴールドの指輪は、正方形のバケットカットのメレダイヤが1石外れていました。
1石外れていると、抜けて見えますね
石合わせと留め直しが難しいので、留っていたダイヤを全て外して、お手持ちのK18指輪からルビーを外し、台座を加工してルビーをセットしました。
この場合はリフォームというより修理になります。
ルビーのセットを縦か横かに迷いましたが、強度は縦でも問題がないようだったので、縦にセットしました。
加工してくれる所を探していらっしゃったようなので、お渡し時には喜んでいただけました。
ご主人からの贈り物だったようです

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 14:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月15日

今週も!

石留め


 オーダーメイド、リフォーム、修理と仕事が山積みですが・・・
今週も頑張ります!

画像は修理依頼品です。
メレサファイヤが外れた箇所に、
メレダイヤを爪留めしています。
ダイヤが1石入るだけでも、結構印象が違ってきます。

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 14:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年10月06日

チェーン切れ

チェーン切れ


 秋ですね〜〜〜朝の風が気持ちいい!
なので風邪ひきました・・・。

熱があるので風邪薬で下げてますが、薬が切れるとまた熱が出てきます。
風邪薬を飲むと熱が下がります。
全身から力が抜けて
「ふ〜〜〜〜」っといい気持ちになります。
この感覚が好きです。
変でしょうか?

薬が効いている時にチェーンの修理です。
とても細〜〜〜〜いチェーンです。
細いので火を入れ過ぎると溶けてしまいます。
一瞬(たぶん0.8秒ぐらい)だけ火を入れてロウ付けします。
風邪薬のせいで少しぼ〜〜〜〜っとしてますが、数秒だけ神経尖らせます。
この風邪早く治らないかな。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 14:02|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年09月10日

石留め

サイズ直し


 サイズ直しする場合、石を留めている爪が緩みますので、このようなリングは
サイズ直し代金+石留め代金をいただいています。
サイズ直しさせてもらった場合は、クリーニング、キズ取りを無料にて
行なっています。

この場合
プラチナサイズ直し(細)2号アップ ¥6,000
石留め代金 ¥500×5石  ¥2,500
合計¥8,500(税込)になります。

プラチナは柔らかく、粘りがある地金ですので
力を入れてヘラがけしキズを潰します。
最後に綺麗に磨いて仕上げます。

今回は奥様の形見のリングを、娘さんのご結婚記念にお父様が贈られたようです。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 15:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月14日

修理とリフォーム

修理 リフォーム


 梅雨が明け、熊本は暑い日々が続いています・・・。
暑い! この調子だと8月はもっと暑いのでしょうか

 土曜、日曜日は修理とリフォームのお客様が多い日でした。
ご来店ありがとうございます。一つ一つ丁寧に加工、修理致します。

ホームページからは県外のお客様からオーダーメイドのお問い合わせと
忙しい土曜、日曜日でした。

常夏のビーチに行ってトロピカルジュースを飲んでいる、
シチュエーションを思い描いたりしてますが・・・
今の私には合わない!
作業台に向かって独りコツコツ作業するのも嫌いではありません

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月09日

リフォーム 修理

ピアス


 リフォーム、修理のご依頼が増えてます。
現在可能な限り対応させてもらっています。

リフォームではイヤリングからピアスへの加工が最も多いです。

シルバーのイヤリングをピアスへ→ ¥3,000〜
K18のイヤリングをピアスへ→ ¥5,000〜

価格には「〜」とありますが、特に複雑な加工が必要でない場合でしたら、
上記の金額内で納まります。

金製品のリフォームでしたら、金具は下取りが出来ますので、
お安くなると思います。
ご参考下さい。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月30日

組み直し

組み直し


 大粒のターコイズネックレスの修理です。
お世話になっている取引先き店からのご依頼です。

お預かりしたら、まずは全体を写真でパチリと写します。
組んでいる途中でスルリと抜け落ち、バラバラになったら大変ですので・・・

ナイロンコーティングのワイヤーで組み直します。


・・・・(組んでます)

・・・・(組んでます)

・・・・(組んでます)

・・・・(組んでます)


ワイヤーが手元からスルリ・・・

オウ、マイ、ゴッ〜〜〜〜〜〜ド (`□´/)/ (←何故か絵文字が使えないので、顔文字)

慌てない慌てない。ほっほっほ〜〜〜こんな時に写真は役にたつのです。

組み直しだけなら誰でも出来る仕事なので、ひと手間いれたサービス。
金属のパーツは磨いて納品。

「綺麗になったわね!」と喜んでいただけました。
ちょっと嬉しいのです。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月18日

笄(こうがい)

笄笄





 笄(こうがい)の修理のご依頼でした。
差込部分(雄)が細くなり、外れやすくなってましたので、
棒(竹)を引き抜き、上下を差し替え、綺麗に形をペーパーで整えて、
元の色を出す為、火で炙ったら修理完了です。

簪(かんざし) 櫛(くし)  笄(こうがい)

日本髪に欠かせない、3点セットです。

 笄とは?
「武具のひとつであったが、髪を掻き揚げるものに移行した。
結髪を八分がた作り終えてから仕上げに左右から挿すための、装飾品」 
だそうです。(JJA用語辞典とウィキペディアより)


引き出しが、一つ増えましたv( ̄∇ ̄)v


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月16日

ロジウム仕上げ

ロジウム仕上げ


 クリーニングさせてもらったカルティエの2本のリングです。
地金はK18ホワイトゴールドです。
市販されているホワイトゴールドには、通常ロジウム仕上げが施してあります。
「メッキ」→「仕上げ」と最近は呼ばれるようになりました。
言葉は違っても、内容は同じです。
「メッキ」という言葉に、「メッキが剥げる」マイナスイメージがあるのだと思います。
メッキは漢字で「鍍金」書きますが、日本では1400年前から大仏様をメッキする技術が中国から伝授されたそうです。
話が逸れそうなので、元にもどして・・・

皆さんが知っているように金は黄色いです。
パラジウムとその他の金属を金に混ぜ、白身をだしますが、
やっぱりまだ少し黄色いので、上からロジウムをメッキします。
ホワイトゴールドが何故生まれたか・・・
これも話が長くなりそうなので・・・やめておきます。

なので皆さんがお店で見ているホワイトゴールドは実はロジウムの色なのです。
JJA(日本ジュエリー協会)では、地金の色をもってホワイトゴールドと呼ぶことできるそうですが・・・
クリーニングの為に、メッキ剥いでみるとビックリするぐらい黄色い地金が表れたりする時もあります。
写真のリングは右が剥がす前、左が剥がした後です。
このリングはメッキをかける必要がないぐらい白い色合いです。
丁寧に鏡面仕上げして、脱脂後、再度ロジウム加工を施して、お渡ししています。

当アトリエで使用するホワイトゴールドは、ご説明後メッキのご希望がないようでしたらロジウム加工していません。
とて〜〜〜〜〜〜も高価な金属ですので・・・
どのくらいかって?1gでプラチナの2倍以上の価格です。



アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月09日

リングの腕、肩

リング


お預かりして、サイズ直し済みのプラチナリングです。
このリング、腕(輪の部分)、肩(石を持ち上げている部分)、とて〜〜〜も華奢でした。
サイズUPでしたので、腕に糸鋸をいれ広げると、
手で簡単に ぐにょっとなるのです。
ぐにょ とです。
とても慎重に進めました。
これは華奢なデザインの限界を超えてます。
お客様に「壁等にぶつけるとすぐ変形すると思うので、気を付けて下さい」
とお話しました。

「こぎゃんリングば作った奴は、どこんだれや〜〜〜(熊本弁)」
と、


・・・・思いました。


大変でした



追記・・・ブログを始めて約2年8ヶ月。333回目の投稿になりました。
今後もボチボチ更新してきますので、引き続き宜しくお願いします。

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年06月02日

35年物の指輪

結婚指輪結婚指輪 研磨後










 先日、お客様が
「指輪を切って欲しいのですが・・・」とご相談にご来店されました。
「35年間一度も指輪を外した事ありません、というより外れません・・・
お客様は過去何度か、石鹸や中性洗剤で試みられましたが、
しかし抜けることなく指輪は左手の薬指に抱きついたままのようでした。
関節の部分でひっかかり、抜けなかったようです。

そのまま35年の歳月が流れました・・・
(35年か〜〜〜〜)

そのまま指に抱きついたままでも・・・と思いますが、
お客様のご要望ですので、緊急用のリングカッターを使用する方法もありますが、
まずは私のゴッドハンドで!(笑

関節にある皺を、手の甲側に引っ張り、指輪を回転させながら、
少しづつ抜きます。


・・・・

・・・・


抜けました!!!

「あらっ
「何度も外そうと試したのに・・・」

その後サイズ直しと磨き直し(刻印を残す為、そしてプラチナなので表面を軽く磨きます)をしてお渡ししました。


肌身離さずつけられていた35年物の指輪は、何かを語るようでした。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月21日

修理、サイズ直し リフォーム

 先月から、修理(特にチェーン切れ)、サイズ直し、
リフォーム、イヤリングからピアスへ加工
のご依頼が増えてきています。
が当アトリエもあらゆるジュエリー、アクセサリーの修理は出来ませんので、
お断りした「サイズ直し」例をご紹介します。

●シルバーのガラス珠製リング・・・ガラス製またはアクリル製の珠は大変割れやすいので、お断りしています。思い出の品は大切に保管されて下さい。

●キズ、またはインクルージョン(クラック)が多く入った石付リング・・・
爪を外しただけで割れそうな石(すでに割れていてかろうじて爪で留っている)サイズ直しはお断りしています。

●取り巻きリング、バレリーナ、メレダイヤがレール留めされているリング・・・3サイズ以上のサイズ直しはお断りしています。状態を見て可能でしたらサイズ直し致します。

●金属以外のものが使用されているリング・・・サイズ直しは基本的に火を使用します、燃えたり、溶けたりするリングはお断りしています。

等々。

お預かりする際には、状態をルーペで何度も確認するようにしていますので、
時々お客様様から
「何を見ているのですか?」 不思議がられますが。

すみからすみまで確認しています


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 14:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)