サイズ直し

2009年08月03日

小さな宝石屋さん

サイズ直し

 小さな宝石屋さんが出来る程のサイズ直しのご依頼でした。
全部で8本。
その前に2本のサイズ直しもご依頼されました。
お一人のお客様でこれだけの指輪のサイズ直しのご依頼は初めてです。
横一列に並べたら綺麗だったので撮影してみました。

石に熱が加わると割れるので、石が外せそうな指輪は全部外して、
サイズ直ししています。
最後に綺麗に磨いて納品です♪
嵌めれるようになったので、大変喜んでもらえました。
数があったので少しだけ割引させてもらいました。


アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月11日

回るリング

指輪


 最近は仕事のモチベーションが感じです。
5月病でしょうか?

サイズ直しでお預かりした指輪ですが、面白い指輪です。
指輪の上についている輪、石が留ってますが、グルグル回ります。

指に嵌めて、手を動かすたびにユラユラ、グルグル回ります。

指輪の構造をじっ〜〜〜〜と眺めてました



指輪

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:28|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年03月23日

ミステリーセティング

ミステリーセッティング


 サイズ直しのご依頼です。

中央に留っているルビー、外側に枠はありますが
石それぞれに爪がありません。
ヴァン・クリーフ&アーペル社が開発した、
ミステリーセッティングされた指輪です。

修理を行なっている当アトリエにもとうとう持ち込まてきました。
この指輪がサイズ直しで持ち込まれたらお断りしようと思っていました。
石がバラバラになったら大変です・・・
他店でもお断りされたそうなので・・・当アトリエも。

でも・・・でも・・・

大袈裟に言うと、未知の世界に挑戦したくなりました。

結果



サイズ直し出来ました。
1.5号サイズアップ
緊張しました。

いや〜〜〜良かった、良かった・・・

プラス1.5号、マイナス1号ぐらいが限界だと思います

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年03月09日

青色透明石

サファイヤ


 当アトリエは修理やサイズ直し等のメンテナスも大切な仕事です。
私は鑑定、鑑別士ではないのでお客様の前で断定はしませんが、
とても綺麗なサファイヤの指輪をサイズ直しでお預かりしました。

画像では伝わりにくいですが、
深いブルーの中に温かみのあるブルーが入っています。
テリも良くうっすらベールが掛かったようなサファイヤです。
もしかすると加熱処理が施してあるかもしれません。

黒味の強い、濃いブルーは量産品で良く見かけますが、
しかしこのサファイヤは別格でした

綺麗なダイヤは眩しいですが、
綺麗なカラーストーンは見入ってしまいます。

記憶と記録に残しておきたいのでブログに


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年09月10日

石留め

サイズ直し


 サイズ直しする場合、石を留めている爪が緩みますので、このようなリングは
サイズ直し代金+石留め代金をいただいています。
サイズ直しさせてもらった場合は、クリーニング、キズ取りを無料にて
行なっています。

この場合
プラチナサイズ直し(細)2号アップ ¥6,000
石留め代金 ¥500×5石  ¥2,500
合計¥8,500(税込)になります。

プラチナは柔らかく、粘りがある地金ですので
力を入れてヘラがけしキズを潰します。
最後に綺麗に磨いて仕上げます。

今回は奥様の形見のリングを、娘さんのご結婚記念にお父様が贈られたようです。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 15:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月09日

リングの腕、肩

リング


お預かりして、サイズ直し済みのプラチナリングです。
このリング、腕(輪の部分)、肩(石を持ち上げている部分)、とて〜〜〜も華奢でした。
サイズUPでしたので、腕に糸鋸をいれ広げると、
手で簡単に ぐにょっとなるのです。
ぐにょ とです。
とても慎重に進めました。
これは華奢なデザインの限界を超えてます。
お客様に「壁等にぶつけるとすぐ変形すると思うので、気を付けて下さい」
とお話しました。

「こぎゃんリングば作った奴は、どこんだれや〜〜〜(熊本弁)」
と、


・・・・思いました。


大変でした



追記・・・ブログを始めて約2年8ヶ月。333回目の投稿になりました。
今後もボチボチ更新してきますので、引き続き宜しくお願いします。

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年05月26日

サイズ直し工程

 お客様から
「サイズ直しはどうやってするんですか?」(趣味で手芸をされている方が特に多いです)
と時々聞かれるので、サイズ直しの工程をアップしてみたいと思います。
今回はプラチナ900の平打ち幅広リングです。
縮めるだけでしたら、約1時間です。
当アトリエでは¥3,500(税込)お代を頂いています。
大きく縮めた時、地金が余ったら下取りしています。

興味のある方は読まれて下さ〜い。

サイズ直し1

お預かりしたリングを芯金に通し、木槌で叩いてまずは真円にします。






サイズ直し2

ロウ目を探して確認出来たら、その場に糸鋸を真っ直ぐに入れます。





サイズ直し3

今回は3サイズダウンなので、3mm切り落とします。





サイズ直し4

紙一枚通らないように切り目を、ピッタリすり合わせして、
プラチナロウを乗せます。(※すり合わせはとても重要です)
プラチナなので、酸素とガスの混合でロウ付けします。



サイズ直し5

プラチナロウが上手く入ったら、余分なロウをヤスリで取り除き、
また真金に通し、木槌で叩いて真円にして、綺麗に磨き上げたら完成です

以上 
シゲスミスの「たぶんやさしい彫金講座”サイズ直し編”」でした。

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年05月21日

修理、サイズ直し リフォーム

 先月から、修理(特にチェーン切れ)、サイズ直し、
リフォーム、イヤリングからピアスへ加工
のご依頼が増えてきています。
が当アトリエもあらゆるジュエリー、アクセサリーの修理は出来ませんので、
お断りした「サイズ直し」例をご紹介します。

●シルバーのガラス珠製リング・・・ガラス製またはアクリル製の珠は大変割れやすいので、お断りしています。思い出の品は大切に保管されて下さい。

●キズ、またはインクルージョン(クラック)が多く入った石付リング・・・
爪を外しただけで割れそうな石(すでに割れていてかろうじて爪で留っている)サイズ直しはお断りしています。

●取り巻きリング、バレリーナ、メレダイヤがレール留めされているリング・・・3サイズ以上のサイズ直しはお断りしています。状態を見て可能でしたらサイズ直し致します。

●金属以外のものが使用されているリング・・・サイズ直しは基本的に火を使用します、燃えたり、溶けたりするリングはお断りしています。

等々。

お預かりする際には、状態をルーペで何度も確認するようにしていますので、
時々お客様様から
「何を見ているのですか?」 不思議がられますが。

すみからすみまで確認しています


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 14:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年04月04日

指輪のサイズ直し

指輪サイズ直し



 指輪のサイズ直しですが、今回は9番アップです。
16号から25号へと。
9号アップは初めてです

サイズ直しの値段に、少々ビックリされましたが、
お客様 「宜しくお願いします。」
私   「新しい指輪を購入された方が、お安くなるかもしれませんが・・・。」
お客様 「サイズ直しお願いします。」

お手持ちのリングはシルバーで石が留ってましたが、簡単に外す事が出来たので、地金9mm(1号は1mmです)を、切ったリングの間に差し込み、ロウ付けします。

引渡し時には、大変喜んでいただけました。
「お金で買えない、何かがある」
ですね。

※指輪のデザインによっては、デザインが切れたり、楕円になったり、サイズ直し出来ない場合もございます。

オーダーメイドジュエリー、リフォーム

sgesmith at 12:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月30日

スカルリング

スカルリング


 サイズ直しの為に、持ち込まれたドクロ君です。

このタイプのサイズ直しは、腕が太いのでとても大変です。
腕を切断して、ドクロ君の顔を傷つけずに、ぐいっぐいっと縮めて、火を入れてロウ付けです。


銀は熱伝導率が高いので火を入れると、全体が真っ白に変色します。(写真)
その後ピカピカに磨き上げますが、その磨く姿はちょっと不気味です。
そして完成ですが・・・

お預かりする前に、

「関節に幅があるので、サイズ直ししても、このリングはグルグル回ります」
とお伝えしました。

お渡ししてもやはり、このドクロ君はクルクル回ってました。

このようにリングの頭が重いと、関節に幅がある方は、サイズ直ししても
クルクル回るので、ご購入時にはお気をつけ下さい。

オーダーメイドジュエリー、リフォーム

sgesmith at 14:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)