ターコイズ

2013年03月28日

ターコイズでペンダント

130325





















 お預かりしたターコイズでペンダントに加工致しました。
   ↓
http://www.sgesmith.com/P130325.html


アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月10日

キズを伏せこんだペンダント

ペンダント
 リフォームのご依頼でした。
 ↓
http://www.sgesmith.com/P090409.html

お手持ちの指輪2点を使用してリフォームしています。
(リフォーム前の画像を撮り忘れました・・・)

お母様から譲り受けられた指輪ですが、イエローゴールドと
ターコイズのブルー色の組み合わせが、好みではないようでしたので、
ホワイトゴールドのペンダントへリフォームさせてもらいました。

ターコイズは一部が欠けていたため、欠けを伏せるように石留めしています。

さらっと説明しましたが、↑このデザインに辿りつくまで結構お時間がかかりました
この度はご依頼誠にありがとうございます。

アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年03月05日

イタリアに飛んだペンダント

 先日、ブログで紹介したペンダントがイタリアに飛んでいました(゚д゚)

 お客様から、あのペンダントはプレゼント用に「イタリアへ贈りました」とご報告のメールを頂きました。

なんと海を渡って、山を越え、イタリアへ

その詳しい経緯は、
(頂戴したメールの一部を抜粋)

”プレゼントした相手はイタリア人(またまたインターナショナルでしょう?)。悪評高きイタリアの郵便事情からして、途中でなくなったりしないかとヒヤヒヤもんでしたが、無事に届いたとのこと。
彼に内緒でお願いしていたこともあって、とても驚き、喜んでいました。二度と外さないそうです(笑)死んでも着けたまま棺桶に入れて欲しいらしいです。

実は、制作依頼の際にお送りした画像のペンダント、もうこの世にはありません。
私がお願いをしたすぐあとに、突然彼のお父さんが入院されました。そして、制作をして頂いている間に永眠なさいました。彼は自分をいつも思い出してもらうために、と大切にしていたあのペンダントをお父さんの手に握らせて埋葬したそうです。
そしてその後すぐに、完成のご連絡を頂いたのです。なんだか、不思議なタイミングでした。繁田さんがあのペンダントに新しい命を与えてくださったんだ、と妙に実感してしまいました。”


私は、私の目標、夢である

語り、受け継がれるジュエリー創り

に一歩近づいた気がしました。

心を込めて製作した製作者は、やはりお渡し後の物語も気になります。
このようなご報告のメール、そして完成後に頂く喜びの声は、手元にデザイン画だけ残こるオーダーメイド製作者として、創作活動力になる源です

今後も、たくさんの作品を世に送り出し、たくさんの物語を作るため、頑張ります

ブログランキングです。
「ポチっとな」 と
ワンクリック、ご協力お願いしますm(_ _)m
    ↓
ranking


Sge Smithのホームページへ

sgesmith at 12:15|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2007年02月23日

愛媛県からご注文頂ました。

ターコイズペンダント

メールでご要望をお尋ねして、製作を進めていきました。
ペンダントの大きさが23mmと、約百円玉の大きさでご依頼でしたので、
放射状のデザインのバランスが難しく大変でしたが、完成しました。

http://www.sgesmith.com/P070218.html

一日中着けるペンダントなので、金具とチェーンを大きく丈夫なものにして欲しいとのご依頼もありましたので、通常より一回り大きく製作。
平面デザインなので、のっぺりしたデザインにならないように、凹を艶消し仕上げ、凸を鏡面仕上げさせてもらいました。

作業中はこのくらい大きさならあまり気になりませんが、実際の100円玉を思い浮かべると、
「随分小さいな・・・(;´Д`)」

しかし完成し、お客様のお手元に届き、喜びのご連絡を頂くと、

゚(゚`∀´゚)゚ (´ー`) (*´∀`*)  です。

愛媛県のO様、ご依頼、誠にありがとうございました。


ブログランキングです。
「ポチっとな」 と
ワンクリック、ご協力お願いしますm(_ _)m
    ↓
ranking


Sge Smithのホームページへ

sgesmith at 11:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)