チェーン切れ

2008年10月06日

チェーン切れ

チェーン切れ


 秋ですね〜〜〜朝の風が気持ちいい!
なので風邪ひきました・・・。

熱があるので風邪薬で下げてますが、薬が切れるとまた熱が出てきます。
風邪薬を飲むと熱が下がります。
全身から力が抜けて
「ふ〜〜〜〜」っといい気持ちになります。
この感覚が好きです。
変でしょうか?

薬が効いている時にチェーンの修理です。
とても細〜〜〜〜いチェーンです。
細いので火を入れ過ぎると溶けてしまいます。
一瞬(たぶん0.8秒ぐらい)だけ火を入れてロウ付けします。
風邪薬のせいで少しぼ〜〜〜〜っとしてますが、数秒だけ神経尖らせます。
この風邪早く治らないかな。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 14:02|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年03月24日

チェーンの絡み

チェーンの絡み


 修理のご依頼です。
チェーン切れの修理でしたが、片側はチェーンが絡んでました。
ピンセット片手に、根気良く解いていきます。
イライラして無理に解こうして、切ってはいけません。
根気良くです(>_<)

・・・(^_^;)


・・・・・・(^_^;)


・・・・・・・・・(-_-;)

切れを修理するより、絡みを解く方が時間がかかる場合もありますが・・・(T_T)

解けた時には、
「ハハハ、不可能はないのだ〜〜〜!(^^)!(独り言)」
と、スッキリします。

(*収納する時に、ストローにチェーンの片方を通し、金具をつないでおくと、絡みは防げます)


オーダーメイドジュエリー、リフォーム

sgesmith at 12:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年08月23日

チェーン切れの修理

チェーン切れ


 修理のご依頼で一番多いのが、チェーン切れです。
通常チェーンの片側、金具の丸カン(輪っか)部分は、ロウ付け(接合)されていません。
チェーンが途中で切れるのを防ぐ為です。
丸カンの交換、変形直し、ロウ付け等の作業で済みます。

 市場に出回っているほとんどは機械編みチェーンです。
機械が編んだコマの小さいチェーンを、手作業で修理するには限界があります。
途中で切れたチェーンを修理する場合は、コマとコマを直接ロウ付けします。
しかし、一度火を入れたチェーンは強度がなくなります。
レザー溶接機という優れた高価な機械がありますが、小さな店舗、工房にはなかなか手の届かない機械です。
出来ればチェーン自体の交換をお勧めします。

以前使用していたチェーンは、ゴミ箱に捨てないで下さいね。
切れたチェーンは、ブレスレットやアンクレットとして使用されてはいかがでしょうか?
または地金として引き取ってもらう事も可能です。
貴金属には無駄はありません。

私も作業中に出た削り粉は、シルバーでも丁寧に回収しています。

オーダーメイドジュエリー、リフォーム



sgesmith at 13:08|PermalinkComments(5)TrackBack(0)