ナイフ

2008年04月16日

ペーパーナイフ

ペパーナイフ1ペーパーナイフ2





 前回の腕時計と一緒に持ち込まれたアンティークのペーパーナイフです。
刃の部分がシルバーだったので、たぶんペーパーナイフだと思いますが・・・
英国のシルバー刻印がありました。
柄の部分はマザーオブパール(白蝶貝)でしたが、修理させてもらうには、
恐ろし〜〜〜いヒビがすでに入ってました(-_-;)

そこで取れない金具は、金槌をお貸してお客様自ら取っていただきました。
その後新たに用意したシルバーの硬質線で柄と刃の軸を慎重にとて〜〜〜も慎重にかしめます。
かしめた凸の部分にタガネで模様彫りこんだら完成です。
時計やナイフなど小物は、「かしめる」が多用されています。

話がだんだん専門的になりそうなので、ここらへんで止めておきます。


金属の小物で修理を諦めているものがあれば、一度ご相談下さ〜い。

オーダーメイドジュエリー、リフォーム

sgesmith at 13:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)