ブローチ

2011年07月15日

ビートルズと青りんごのブローチ

ビートルズのブローチ


 オリジナリティ溢れるブローチをご依頼頂きました。
   ↓
http://www.sgesmith.com/E110715.html


 無事納品出来るのか、問題なく製作出来るのか、
お客様のイメージ通りに仕上がるのか、
様々な心配がありましたが、無事形になりました。

今回のブローチはイメージを大切に作らせて頂きました。
デザイン画は計20点近く描いています。
数パターンご提案後、デザインを絞り、
細部を修正し、更に細部を修正、と繰り返しました。

熊本だとこのようなご依頼をされる方はとても限られてきますが、
この仕事の為にうちのお店があるようなお仕事でした。

奥様へ、世界に1つの素敵な贈り物です。

アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月22日

アメシストのペンダント

アメシストペンダント


 アメシストのペンダントをご依頼頂きました。
   ↓
http://www.sgesmith.com/P110622.html


 いつもご贔屓にしてくださる方からのご紹介で、
誕生石、アメシストをダイヤで取り囲んだペンダントをご注文頂きました。

打ち合わせ時に
「予算内で出来るだけ大きなアメシスト」
とご要望を頂きましたが、
アメシストはこのサイズ以上でもそんなに値段が張らないのですが、
材料代のプラチナとメレダイヤ+ネックレス代を予算内に収める必要がありました。

本当にギリギリ、いっぱいいっぱいお勉強させて頂きました♪



sgesmith at 16:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月25日

アメシストのピンブローチ

リフォーム ピンブローチ


 アメシストのピンブローチが完成しました。
   ↓
http://www.sgesmith.com/reform110525.html


 40年以上も前にご購入されたご婚約指輪、
アメシストのゴールドリングをピンブローチにリフォームさせて頂きました。
婚約指輪はダイヤモンドがあたりまえの時代にアメシストは個性的です。
お客様も指輪に劣らず個性的なご婦人でした。
キャンディーみたいなつるつるのアメシストでした。

アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月30日

蝶の帯留め兼ブローチ

帯留め兼ブローチ


 このブローチ兼帯留めは以前ご依頼頂いた方から、

http://www.sgesmith.com/reform100721.html

ばらした残りのテニスブレスレットと、蝶の小さな翡翠の帯留めを
組み合わせて加工させて頂きました。
  ↓
http://www.sgesmith.com/reform100830.html

これもご希望通りに豪華な仕上がりです


アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月21日

帯留め兼ブローチ

帯留め兼ブローチ


 リフォームのご依頼でした。
  ↓
http://www.sgesmith.com/reform100721.html


豪華なブローチ兼帯留めです。
金の黄金色と翡翠の色合いは大変 GOOD です。
デザインはお任せです。

加工前は地味かな・・・(お客様のご要望から)と思ったりもしましたが・・・
仕上がり大変良く、
お客様に大変喜んでいただけたので、結果オーライでした。

何度もいいますが、とても豪華で素敵です

アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 18:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月14日

ブローチのリフォーム

ブローチ リフォーム


リフォームのご依頼でした。
  ↓
http://www.sgesmith.com/reform100614.html


 お手持ちの眠ったままのテニスブレスレットをバラバラにして、
パーツをバランスを見ながら乗せました。

リフォームというより加工です。

ネックレスとブレスレットをお預かりしたので、
まだまだパーツがたくさんです。

その他のお預かりしたブローチも加工予定です。

アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 14:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月13日

ぶどうのブローチ

ピンブローチ


ブローチのご依頼でした。
  ↓
http://www.sgesmith.com/E091113.html

 気に入ったぶどうのブローチがなかなか見つからず、当アトリエにご依頼されました。
デザインを2点ご提案させていただきましたが、2点とも気にら入れてご注文。

マスカットと巨峰です。

この度はご依頼誠にありがとうございました。


アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月26日

アンティークブローチ 修理

アンティークブローチ カメオ


 アンティークブローチの修理をしました。
(凸がカメオで、凹がインタリオと呼びます。それとエナメル画のブローチ)

本体の修理ではなく、本体についているチェーンとピンの修理です。
アンティーク品は金具の状態が悪い物が多いので、ちょっとした工夫で
ピンのバネがきくようになります。

重いブローチなので、ピンが外れて落ちることがあります。
なのでセーフティーチェーンを取り付けます。
このチェーンも無くなっているものが多いので、新品を取り付けました。

綺麗な彫刻や絵に見惚れながら修理させてもらいました♪

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月21日

ブローチのスタンド

ギタースタンド


 お手持ちのギターのブローチにスタンドをつけました。
縦が13cmほどあります。
見るからに重そうなブローチですが、観賞用ですね。
お客様はギター小物のコレクションをされているようです。
大変喜んでもらえました。

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月22日

還暦のお祝い

帯留め ブローチ ペンダント


 還暦のお祝い品としてご依頼された、18金帯留め兼ブローチ兼ペンダントです。

http://www.sgesmith.com/P080822.html

まず始めのご希望はサンゴを使用した帯留めでした。
デザインをご提案させていただく為に、ご希望を詳しくお尋ねした後に、
4点のデザインをご提案
その後さらにお客様と打ち合わせしながら、デザイン決定後製作に入らせてもらいまいました。

帯留めご希望でしたが、ブローチのピンに帯留め用の金具を取り付けることに
よって帯留めになります。ネックレスチェーンを通すバチカンも取り付けていますのでペンダントにもなります。
今回はちょっと欲張ってみました。

赤サンゴはお母様、3つの桃色サンゴは3人の娘、息子さん達を表現しています。
主張過ぎず、着物にも合う和のデザインだと思います。

T様この度はご依頼誠にありがとうございまいました。
お母様の健康とご家族の幸福を、心よりお祈り申し上げます。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月04日

かしめる

かしめる1


 シゲスミスの「たぶんやさしい彫金講座”かしめ編”」
です。

 オーダーメイドの帯留め兼ブローチ兼ペンダントの製作中です。
ブローチの金具はピンで留めますが、”かしめ”て本体とピンを固定します。

本体とピンの位置に気をつけます。
ブローチをつけた時に前倒れしないように、
中心よりも若干上にピンをつけます。
ちなみにかしめる作業は、最終工程です。



かしめる2

←両端が丸くなった”いも槌”でかしめます。
先端はピカピカに磨いています。
金床の隅にピンの可動部分をのせ両端を丸くします。
キノコの頭みたいに綺麗な半円に整えます。


かしめる3

ちょっと画像が不鮮明ですが、完成です。
かしめた時に、キノコの頭と金具の間に、隙間があったら不十分なので、
長さを正確に決めて綺麗に整えましょう。

この”かしめる” 物作り(金属加工)では、多用されています。


シゲスミスの「たぶんやさしい彫金講座”かしめ編”」でした。

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月22日

鍵ブローチ

カギのブローチ


大阪府から鍵のピンブローチのご依頼を承りました。

http://www.sgesmith.com/E080221.html

ご卒業祝いのプレゼントを探しておられ、鍵のブローチで気に入ったものが見つからず、オーダーされました。
ご希望は、ピンブローチを服に着けた時に、鍵が差さっているようにみえるピンブローチ。
5パターンぐらいのデザインを起こし、最終的にはアンティーク風の鍵に決定しました。
ピン受けの部分をどのように加工するかが難問でしたが、製作してたらあっさりと解決しました
初めて製作するデザインは、職人魂に火がつきます。

お客様のイメージ通りで、とても気に入っていただきました。
この度はご依頼、誠にありがとうございましたm(__)m

オーダーメイドジュエリー、リフォーム

sgesmith at 13:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年01月18日

トンボブローチ その3(終)

トンボブローチ

その2から

完成しました


お話をいただいてから、完成まで約3ヶ月。
長かった〜〜〜。

ブログでは、とても簡単に説明していますが、
細かい様々な工程がありました。

トンボは私の手元から、飛んでいきました。

寂しくもあり、嬉しいご依頼でした。

http://www.sgesmith.com/reform080114.html


オーダーメイドジュエリー、リフォーム

sgesmith at 20:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年01月16日

トンボブローチ その2

石外し

その1から 

ダイヤと大粒の真珠を外した所です。
この数の石外しは、さすがにちょっと大変でした




トンボブローチパーツ原形

トンボの原形パーツです。
これをK18ホワイトゴールドで鋳造します。
上がってきたら、バランスを考えながら、
パーツや石枠を、ろうづけ(接合)して組み立てていきます。



さて今回、お客様のご条件は、

1、出来るだけ軽いブローチにすること。(今回は裏抜きを限界までして、軽くしました)

2、つけた時にブローチが前倒れにならないこと。(しっぽの位置と、ピン金具の位置を微調整しながら製作しました)

3、ピンの取り外しが簡単なこと(既製品の金具を使用せず、ピンは手作りしました)

4、手持ちのダイヤは、羽にランダムに留めること

5、後羽は、ブラックダイヤを使用すること

6、上品なブローチを製作すること

の条件を踏まえて、製作させてもらいました。

その3に続く・・・

オーダーメイドジュエリー、リフォーム

sgesmith at 13:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月14日

トンボブローチ その1

トンボブローチデザイン画

 昨年ご依頼頂いた、トンボのブローチが完成しました。

ご依頼のお話から、完成まで約3ヶ月、無事にお渡し出来、ほっとしています。

最終的に決まったデザイン画です。

トンボが大好きな方でしたので、トンボのブローチコレクションも参考にさせてもらいました。トンボを上から見たブローチのデザインはよく見かけますか、横から見たトンボのブローチも面白いな〜〜と思い、数点のデザイン画の中で、遊びとして一つご提案させてもらいました。

「面白いわね〜〜〜、これでお願い」

製作開始です

ブローチ

お預かりしたブローチのはこれです
このダイヤが、トンボの羽の部分になります。
初めて目にした時は、正直
(うひゃ〜〜〜
でした・・・

その2に続く・・・

オーダーメイドジュエリー、リフォーム

sgesmith at 14:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月05日

ご祖母様への贈り物

90歳の贈り物

 以前ターコイズのペンダントで、ご注文をいただいた方からの、ご依頼です。
今回は90歳の卒寿をむかえられる、ご祖母様への贈り物です。

http://www.sgesmith.com/E071204.html

大粒のターコイズは誕生石
無限の「∞」とメビウスの環を合わせてデザインしています。
硬い貴金属で綺麗な「∞」デザインを製作するのに、ちょっと苦労しましたが、
綺麗に仕上がったと思います。

物作りをしている私にとって、2回目のご依頼は大変嬉しい事です。
今回もこのブローチに、命名のご依頼もありましたので、恥ずかしながら
「永遠の環」と名付けさせてもらいました。

S様、ご依頼ありがとうございましたm(__)m

オーダーメイドジュエリー、リフォーム



sgesmith at 15:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年10月26日

トンボブローチ

トンボブローチ

 トンボのブローチのご依頼です。
さあ大仕事です。
蝶やトンボ類の昆虫系のジュエリーはプロポーションがとても大切です。
まずは資料集め、そしてラフデザイン画を何枚も描きます。
それから、お客様が持ち込まれたジュエリーで、石の配置を決めて・・・
それから、それから・・・

完成はまだまだ先になるでしょうが、躍動感のあるトンボを製作したいと思います。
完成までの経緯も、ブログで少しづつ紹介したいと思います。

オーダーメイドジュエリー、リフォーム


sgesmith at 19:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年07月21日

ブローチに加工しようかな

アンテイークボタン

 これはアンティークボタンです。
かなり大きいです。直径は37mm!!!
これボタン?思いましたが、裏にボタン用の金具がついてました。
黒かったので、磨いてみました。
綺麗な唐草模様です。
これを、ブローチ、またはペンダントに加工するか、迷ってます。
たぶんブローチ。

Sge Smithのホームページへ

sgesmith at 20:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)