ヘアーピン

2009年01月07日

使い捨ての文化

バレッタ


 身内の者に頼まれて、こんなもの修理しました。
100円ショップで売られている、ヘアークリップです。
バネになる箇所に1本の心棒がありますが、この心棒の片側に留めがついておらず、
閉じたり、開いたりしていると、金具が少しづつずれて、外れてしまいます。

金具の片側を、トントンと槌で叩いてかしめると、修理は終わりですが・・・
この手間があると、100円でももう少し長持ちすると思います。

こんな修理でも喜ばれると、嬉しいです。

100円なので、壊れたら使い捨てでしょうが・・・ちょっと悲しい気がします。
と思っている私も100円ショップに足をよく運びます。


※これは身内が依頼したものです。
品物より修理代が高くなりますので、
通常は修理しておりません。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)