修理

2008年07月04日

タヒチパールペンダント

タヒチパールペンダント


 組み直しと金具の交換の仕事です。
ご希望の長さは一珠分短くご希望でした。
この一珠は金具に芯留めしたりしますが、ご要望がなかったので、
ワイヤーを使用して即席にペンダントに加工しました。
私が勝手に加工したのですが、喜んでいただけたので

結果「○」 (私が勝手に製作したのでお代はいただていません)
 
もし喜んでいただけなかったら・・・
ワイヤーなのですぐに分解可能です。

私は喜んでいただけそうな気になってますが、本当は余計なことなのかも・・・
と思うこともしばしば。

オーダーメイドや修理はそこらが難しいのです



アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年06月30日

組み直し

組み直し


 大粒のターコイズネックレスの修理です。
お世話になっている取引先き店からのご依頼です。

お預かりしたら、まずは全体を写真でパチリと写します。
組んでいる途中でスルリと抜け落ち、バラバラになったら大変ですので・・・

ナイロンコーティングのワイヤーで組み直します。


・・・・(組んでます)

・・・・(組んでます)

・・・・(組んでます)

・・・・(組んでます)


ワイヤーが手元からスルリ・・・

オウ、マイ、ゴッ〜〜〜〜〜〜ド (`□´/)/ (←何故か絵文字が使えないので、顔文字)

慌てない慌てない。ほっほっほ〜〜〜こんな時に写真は役にたつのです。

組み直しだけなら誰でも出来る仕事なので、ひと手間いれたサービス。
金属のパーツは磨いて納品。

「綺麗になったわね!」と喜んでいただけました。
ちょっと嬉しいのです。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月18日

笄(こうがい)

笄笄





 笄(こうがい)の修理のご依頼でした。
差込部分(雄)が細くなり、外れやすくなってましたので、
棒(竹)を引き抜き、上下を差し替え、綺麗に形をペーパーで整えて、
元の色を出す為、火で炙ったら修理完了です。

簪(かんざし) 櫛(くし)  笄(こうがい)

日本髪に欠かせない、3点セットです。

 笄とは?
「武具のひとつであったが、髪を掻き揚げるものに移行した。
結髪を八分がた作り終えてから仕上げに左右から挿すための、装飾品」 
だそうです。(JJA用語辞典とウィキペディアより)


引き出しが、一つ増えましたv( ̄∇ ̄)v


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月16日

ロジウム仕上げ

ロジウム仕上げ


 クリーニングさせてもらったカルティエの2本のリングです。
地金はK18ホワイトゴールドです。
市販されているホワイトゴールドには、通常ロジウム仕上げが施してあります。
「メッキ」→「仕上げ」と最近は呼ばれるようになりました。
言葉は違っても、内容は同じです。
「メッキ」という言葉に、「メッキが剥げる」マイナスイメージがあるのだと思います。
メッキは漢字で「鍍金」書きますが、日本では1400年前から大仏様をメッキする技術が中国から伝授されたそうです。
話が逸れそうなので、元にもどして・・・

皆さんが知っているように金は黄色いです。
パラジウムとその他の金属を金に混ぜ、白身をだしますが、
やっぱりまだ少し黄色いので、上からロジウムをメッキします。
ホワイトゴールドが何故生まれたか・・・
これも話が長くなりそうなので・・・やめておきます。

なので皆さんがお店で見ているホワイトゴールドは実はロジウムの色なのです。
JJA(日本ジュエリー協会)では、地金の色をもってホワイトゴールドと呼ぶことできるそうですが・・・
クリーニングの為に、メッキ剥いでみるとビックリするぐらい黄色い地金が表れたりする時もあります。
写真のリングは右が剥がす前、左が剥がした後です。
このリングはメッキをかける必要がないぐらい白い色合いです。
丁寧に鏡面仕上げして、脱脂後、再度ロジウム加工を施して、お渡ししています。

当アトリエで使用するホワイトゴールドは、ご説明後メッキのご希望がないようでしたらロジウム加工していません。
とて〜〜〜〜〜〜も高価な金属ですので・・・
どのくらいかって?1gでプラチナの2倍以上の価格です。



アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月09日

リングの腕、肩

リング


お預かりして、サイズ直し済みのプラチナリングです。
このリング、腕(輪の部分)、肩(石を持ち上げている部分)、とて〜〜〜も華奢でした。
サイズUPでしたので、腕に糸鋸をいれ広げると、
手で簡単に ぐにょっとなるのです。
ぐにょ とです。
とても慎重に進めました。
これは華奢なデザインの限界を超えてます。
お客様に「壁等にぶつけるとすぐ変形すると思うので、気を付けて下さい」
とお話しました。

「こぎゃんリングば作った奴は、どこんだれや〜〜〜(熊本弁)」
と、


・・・・思いました。


大変でした



追記・・・ブログを始めて約2年8ヶ月。333回目の投稿になりました。
今後もボチボチ更新してきますので、引き続き宜しくお願いします。

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年06月02日

35年物の指輪

結婚指輪結婚指輪 研磨後










 先日、お客様が
「指輪を切って欲しいのですが・・・」とご相談にご来店されました。
「35年間一度も指輪を外した事ありません、というより外れません・・・
お客様は過去何度か、石鹸や中性洗剤で試みられましたが、
しかし抜けることなく指輪は左手の薬指に抱きついたままのようでした。
関節の部分でひっかかり、抜けなかったようです。

そのまま35年の歳月が流れました・・・
(35年か〜〜〜〜)

そのまま指に抱きついたままでも・・・と思いますが、
お客様のご要望ですので、緊急用のリングカッターを使用する方法もありますが、
まずは私のゴッドハンドで!(笑

関節にある皺を、手の甲側に引っ張り、指輪を回転させながら、
少しづつ抜きます。


・・・・

・・・・


抜けました!!!

「あらっ
「何度も外そうと試したのに・・・」

その後サイズ直しと磨き直し(刻印を残す為、そしてプラチナなので表面を軽く磨きます)をしてお渡ししました。


肌身離さずつけられていた35年物の指輪は、何かを語るようでした。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月30日

イエローゴールドの枠へ

イエローゴールドのペンダント
 リフォームのご依頼でした。

http://www.sgesmith.com/reform080530.html

新品を購入するより、リフォームする方がお得だと思われ、
インターネットで検索後、当アトリエのホームページにたどりつかれたようです。

ご相談は、お手持ちのペンダント(プラチナの石枠とチェーン)を
K18イエローゴールドの枠に作り変えられたいとの事でした。
雑誌の切抜きをご持参され、

「この様になりますか?」

お手持ちのペンダントとほぼ同じデザインでした。
貴金属の色が違えば、イメージが違って見えるようです。

元枠からダイヤを外し、イエローゴールドで製作させてもらいました。
プラチナの枠とチェーンはご希望でご返却しています。

U様、この度はご依頼誠にありがとうございました。
ペンダントが胸元でキラリと美しく輝く季節ですね。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月26日

サイズ直し工程

 お客様から
「サイズ直しはどうやってするんですか?」(趣味で手芸をされている方が特に多いです)
と時々聞かれるので、サイズ直しの工程をアップしてみたいと思います。
今回はプラチナ900の平打ち幅広リングです。
縮めるだけでしたら、約1時間です。
当アトリエでは¥3,500(税込)お代を頂いています。
大きく縮めた時、地金が余ったら下取りしています。

興味のある方は読まれて下さ〜い。

サイズ直し1

お預かりしたリングを芯金に通し、木槌で叩いてまずは真円にします。






サイズ直し2

ロウ目を探して確認出来たら、その場に糸鋸を真っ直ぐに入れます。





サイズ直し3

今回は3サイズダウンなので、3mm切り落とします。





サイズ直し4

紙一枚通らないように切り目を、ピッタリすり合わせして、
プラチナロウを乗せます。(※すり合わせはとても重要です)
プラチナなので、酸素とガスの混合でロウ付けします。



サイズ直し5

プラチナロウが上手く入ったら、余分なロウをヤスリで取り除き、
また真金に通し、木槌で叩いて真円にして、綺麗に磨き上げたら完成です

以上 
シゲスミスの「たぶんやさしい彫金講座”サイズ直し編”」でした。

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年05月21日

修理、サイズ直し リフォーム

 先月から、修理(特にチェーン切れ)、サイズ直し、
リフォーム、イヤリングからピアスへ加工
のご依頼が増えてきています。
が当アトリエもあらゆるジュエリー、アクセサリーの修理は出来ませんので、
お断りした「サイズ直し」例をご紹介します。

●シルバーのガラス珠製リング・・・ガラス製またはアクリル製の珠は大変割れやすいので、お断りしています。思い出の品は大切に保管されて下さい。

●キズ、またはインクルージョン(クラック)が多く入った石付リング・・・
爪を外しただけで割れそうな石(すでに割れていてかろうじて爪で留っている)サイズ直しはお断りしています。

●取り巻きリング、バレリーナ、メレダイヤがレール留めされているリング・・・3サイズ以上のサイズ直しはお断りしています。状態を見て可能でしたらサイズ直し致します。

●金属以外のものが使用されているリング・・・サイズ直しは基本的に火を使用します、燃えたり、溶けたりするリングはお断りしています。

等々。

お預かりする際には、状態をルーペで何度も確認するようにしていますので、
時々お客様様から
「何を見ているのですか?」 不思議がられますが。

すみからすみまで確認しています


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 14:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年05月19日

爪の修理

爪の修理爪の修理









 修理のご依頼でした。
このタイプのリングは土台はしっかりした作りですが、爪が2点留めなので、
石のガードル(石を上から見て外周の部分です)に大きな衝撃が加わると、爪に負担がかかり変形して、石が外れることがあります。
お預かりしたリングも変形して、石が外れていました。

まずは変形した爪と少し土台をカットして、新たに爪をプラチナで作り直し、
石留めしました。
最後にキズだらけだった指輪を磨き直し完成です。
新品同様とまではいきませんが、応急処置になります。

「生まれ変わったわ!」と喜んでいただけましたが、
「爪が随分磨り減ってますので、今後石の緩みに気を付けて下さい」とお話しました。

帰宅したら、リングに留っているはずの石がない・・・という惨事も考えられます。
外出先で石が外れると、見つけるのがとても困難になります。

皆様のお手持ちのリングは石の緩みがないか、時々チェックしてみて下さい。
グラグラ、カカチカ音がするなら、お近くの宝飾店へ。

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月07日

タイタックをペンダントにリフォーム

タイタックペンダント









 リフォームのご依頼です。
20年程前に宝石商からご購入された、ダイヤ入りのタイタック(ネクタイとシャツをピンで固定するタイプ)を、奥様の誕生日プレゼント用にペンダントへリフォームご依頼頂きました。

将来、リフォームされる事を考えてあったのか、切り落とされたプラチナのチェーンも残ってましたので、石枠にチェーンを通す金具を取り付けて、バラバラになっていたチェーンを繋ぎあわせてペンダントの完成です。

http://www.sgesmith.com/reform080507.html

M様この度は、ご依頼誠にありがとうございました。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月05日

イヤリング修理

蜂のイヤリング蜂のイヤリング






 修理のご依頼でした。
今にも動きだしそうな、蜂のクリップ式イヤリングです。(たぶん蜂です(-_-;)

ブ〜〜〜〜〜ン

片方の金具がなくなってました。
似たような金具が在庫にありましたので、
既成金具の半分を切り落とし、残っていた片方の金具をお手本にしながら、
金具を製作しました。
最後にバネの調節をして完成です。
真鍮の金具は扱っていないので、シルバーで製作しています。


 昨日、市街地は、人、人、人で賑わってたようです。
熊本城の築城400年祭の影響もあるみたいです。
私のアトリエは、本通りから外れた2階にあるので、
市電に乗るまで人の多さに気付きませんでした。
いつもなら、間に合うはずのJRに乗り遅れました・・・

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 11:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月30日

ウォレット修理/日輪寺

ウォレット






ウォレット

シルバーアクセサリーのブランド、クロムハーツの革財布の金具修理ご依頼です。
革財布呼ぶより、レザーウォレットと呼んだほうが、このスタイルには合いますね。
ウォレットのサイドについていた、シルバーコンチョが外れていたので、付け直しですが、コンチョに立ててあった軸が折れていたので、軸を新たに立て直し、塞がっている穴をドリルで開け、裏側からかしめたら修理完了です。

修理してもらえるお店がなかなか見つからなかったようで、お渡し時にはとても喜んでもらました。

==============================

熊本は山鹿市日輪寺へとツツジの花見に行ってきました。
残念ながら満開は過ぎていましたが、天気が良かったのでの〜んびり出来ました。
でも昨日は暑かった〜〜〜〜天気良過ぎです。
帰りに食べたアイスの味が忘れられません。
夏がそこまできてますね。

ちなみに2枚目の写真↓で、大仏様が手の平に乗せているのは宝珠というそうです。
欲しいものをすべて出し、願い事を何でもかなえる神秘的な宝物だそうです。
決して黄金のう○こではありませんよ〜〜〜。
そこのあなた!私と同じ発想しませんでしたか。
えっ?してない?
すみませ〜〜〜ん(>_<)


日輪寺







日輪寺











日輪寺











アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 16:09|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2008年04月23日

べっ甲の櫛

鼈甲の櫛
 修理の為お預かりした、べっ甲の櫛です。
べっ甲は有機物ですので、虫喰いがでます。
お預かりしたべっ甲も虫がガリガリ食べてます
そんなに美味しいのだろか・・・

久々に出してみたら、
「あらら〜〜〜
ということも結構あります。
べっ甲の保存方法で良いサイトが見つかりました。

http://www.geocities.jp/hmkwg/new_page_61.htm

今回はべっ甲自体の修理ではなく、外れてしましった珊瑚を留め直しました。
鼈甲の櫛
足りない珊瑚は、私の方で用意させてもらいました。
以前と同じ色合いの珊瑚がないので、お客様のご了解を得て、表は赤サンゴ、裏側はボケ(ピンク)で統一しました。

べっ甲と珊瑚で海を想う・・・。


シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年04月21日

香水入れペンダント

香水ペンダント







 革紐の交換でお預かりした香水入れペンダントです。

始めて見たとき、
「このペンダントは何でしょうか・・・(^_^;)」

「香水入れよ」

「ホ〜〜〜、へ〜〜〜(´∀`*)」

香水ペンダント2

エスニック香り漂う、ズッシリしたペンダントでした。



シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年04月16日

ペーパーナイフ

ペパーナイフ1ペーパーナイフ2





 前回の腕時計と一緒に持ち込まれたアンティークのペーパーナイフです。
刃の部分がシルバーだったので、たぶんペーパーナイフだと思いますが・・・
英国のシルバー刻印がありました。
柄の部分はマザーオブパール(白蝶貝)でしたが、修理させてもらうには、
恐ろし〜〜〜いヒビがすでに入ってました(-_-;)

そこで取れない金具は、金槌をお貸してお客様自ら取っていただきました。
その後新たに用意したシルバーの硬質線で柄と刃の軸を慎重にとて〜〜〜も慎重にかしめます。
かしめた凸の部分にタガネで模様彫りこんだら完成です。
時計やナイフなど小物は、「かしめる」が多用されています。

話がだんだん専門的になりそうなので、ここらへんで止めておきます。


金属の小物で修理を諦めているものがあれば、一度ご相談下さ〜い。

オーダーメイドジュエリー、リフォーム

sgesmith at 13:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月14日

時計のベルト修理

時計のベルト修理時計のベルト修理





 時計のベルトを修理しました。

時計店ではベルトの修理はお断りされたようです。
お客様の話を聞いているうちに、頭の中で組み立て作業が既に始まっていたのでお受けしました。

「えっ!こんな修理も出来るのですか?」
時計は修理出来ませんが、ベルト部分の簡単な修理でしたら致します。

まずは壊れていない金具を見ながら、同じ物を製作します。
次にかしめる為に必要な硬線材をロウ着けしてかしめます。
ベルトの亀裂はロウ付けをして磨きます。
最後に超音波洗浄器(メガネ屋さんでよく見かける機械です)にかけます。
数十年分の汚れがど〜〜〜っと出てきました・・・
時計も修理したい気持ちを抑えて完成です。(専門外ですので)

その後お客様は時計店に持ち込まれて時計の修理を依頼されるそうです。
あのとまった時計が、時を刻む姿を想像しています。

「コチ、コチ、コチ

みたいな音はしないと思いますが、ちょっと癖になりそうな仕事でした。
暇なときに100円ショップの時計をバラバラに分解してみたいと思います。

オーダーメイドジュエリー、リフォーム

sgesmith at 13:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月09日

ネックレスのアジャスター

アジャスター1アジャスター2




「ネックレスが長いので、短くして下さい。」

「ネックレスの途中にある、この輪っか(画像で矢印の部分)はなんですか?」

ご相談があります。

待ってました!とばかりに、私がひと言

「アジャスターです。」
「これを、このようにして、こうすると短くなります。(画像参照)」
「な〜〜〜んだ、そうなんですか〜」
ご納得して帰られます。


アジャスターにも数種類あります。
・チェーンの端に丸い輪が5cm程連なったアジャスター。

・チェーンを通したボールの中にシリコンが入っていて、ボールをスライドさせるアジャスター。

このアジャスターの取扱いには気を付けて下さい。
無理に引っぱったり、ボールを持ってスライドさせないと、チェーンが切れます。

アジャスターのみの切売り、長さの調節致しま〜す。

オーダーメイドジュエリー、リフォーム


sgesmith at 12:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年04月04日

指輪のサイズ直し

指輪サイズ直し



 指輪のサイズ直しですが、今回は9番アップです。
16号から25号へと。
9号アップは初めてです

サイズ直しの値段に、少々ビックリされましたが、
お客様 「宜しくお願いします。」
私   「新しい指輪を購入された方が、お安くなるかもしれませんが・・・。」
お客様 「サイズ直しお願いします。」

お手持ちのリングはシルバーで石が留ってましたが、簡単に外す事が出来たので、地金9mm(1号は1mmです)を、切ったリングの間に差し込み、ロウ付けします。

引渡し時には、大変喜んでいただけました。
「お金で買えない、何かがある」
ですね。

※指輪のデザインによっては、デザインが切れたり、楕円になったり、サイズ直し出来ない場合もございます。

オーダーメイドジュエリー、リフォーム

sgesmith at 12:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月02日

リングをペンダントにリフォーム

ペンダントにリフォーム



使用されていなかったリングを、ペンダントにリフォームさせて頂きました。

http://www.sgesmith.com/reform080402.html

初めてのご来店時は、ご相談とお見積りのご提案でしたが、
その後リフォームされるか随分迷われました。

使っていないので、リフォームしてペンダントに
しかし高価な買物だったので・・・

使用しないよりも普段でも使用出来るペンダントに、思いきってリフォームされました。
胸元でキラリと光る、一粒ダイヤペンダントに生まれ変わりました。
これからの季節は、このペンダントがきっと活躍してくれることでしょう。

オーダーメイドジュエリー、リフォーム

sgesmith at 12:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年03月24日

チェーンの絡み

チェーンの絡み


 修理のご依頼です。
チェーン切れの修理でしたが、片側はチェーンが絡んでました。
ピンセット片手に、根気良く解いていきます。
イライラして無理に解こうして、切ってはいけません。
根気良くです(>_<)

・・・(^_^;)


・・・・・・(^_^;)


・・・・・・・・・(-_-;)

切れを修理するより、絡みを解く方が時間がかかる場合もありますが・・・(T_T)

解けた時には、
「ハハハ、不可能はないのだ〜〜〜!(^^)!(独り言)」
と、スッキリします。

(*収納する時に、ストローにチェーンの片方を通し、金具をつないでおくと、絡みは防げます)


オーダーメイドジュエリー、リフォーム

sgesmith at 12:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年03月12日

地金割れ

地金割れ


 シルバーリングの修理のご依頼でした。
地金が剥げてますね。
キャスト品(鋳造)ですので、リングの表面が荒れてました。
仕上げの方法で、表面は綺麗になりますが、地金の中までは、
目からX線が出ない限り、検品の際見つけるのは難しいと思います。

これが日本硬貨のケースだと、コレクターさんが欲しがる対象になるみたいですが。

剥がれた部分をロウ付けして、黒いぶし仕上げをもう一度して、
ピカピカに鏡面仕上げして、完成です。
完成後の写真は撮り忘れました・・・。

オーダーメイドジュエリー、リフォーム

sgesmith at 11:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月03日

チェーン足し

チェーン足し



「久々につけてみたら、パワーアップしてました・・・

お客様の目の前で、思わず笑ってしまいました。

シルバーブレスレットのチェーン足しのご依頼です。
丸カンを3カン付け足しました。
そうです!パワーアップしたら、チェーンを付け足して、長くすれば良いのです!!!

最近私も少しパワーアップしたような・・・
気のせい、気のせい。

このような加工のご依頼も、承っておりますm(__)m


オーダーメイドジュエリー、リフォーム

sgesmith at 11:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月27日

タイクリップ

タイクリップ

 プレゼント用にご購入された真鍮製のタイクリップに、贈られる方のネームと誕生石を入れさせてもらいました。
始めは、タイクリップの正面に加工ご希望でしたが、やはり裏側の方が、お洒落でよろしいかと・・・ご提案。

タイクリップ本体には、刻印、彫留めが不可能なので、別の板に加工を施し、
張り合わせました。

喜んでいただけるといいですね。
栃木県からのご依頼でした。

オーダーメイドジュエリー、リフォーム

sgesmith at 12:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月25日

磨き直し キズとり

磨き直し磨き直し後














磨き直しの例です。

左・・・お預かりしたシルバーペンダント
キズだらけです

右・・・磨き直し クリーニング後
ピカピカです。
新品のようによみがえりました。
もしかすると、新品以上かも・・・

鏡面仕上げなので、鏡のようになります。
金属は根気よく磨けば、何度でもピカピカになります。

お手持ちのジュエリー、アクセサリーの状態で、価格が若干違ってきますが、
クリーニング \1,500(税込) お預かり約30分  です。
汚れやくすみをとるだけではなく、キズも取ります。

オーダーメイドジュエリー、リフォーム

sgesmith at 12:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月15日

石外れ 修理

石外れ石外れ修理済








 石外れ修理のご依頼です。
英語で"マーカサイト"
仏語、独語で読みで"マルカジット"

が外れています。
同じサイズ石を取り寄せて、留め直せば修理完了です。



 この黒色の石は、アンティークジュエリーに良く見かけられる鉄鉱石です。
18世紀末から、19世紀にかけられて、ダイヤモンドの代用品として使われたそうです。
産業革命で富裕層がぞくぞくと登場し、妻や娘にジュエリーをプレゼント!
しかし本物のダイヤは大変・・・
そこで登場したのか、このカットされた鉄鉱石です。
今では、キュービックジルコニアが当てはまるかもしれません。
ダイヤの代用品ですが、この石を使った素晴らしい作品がたくさんあります。


このような修理も致しておりますm(__)m
(アンティーク品は状態によって、お断りする場合もございます)

オーダーメイドジュエリー、リフォーム



sgesmith at 12:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月13日

イヤリング→ピアス

パールイヤリングパールピアス






 3連休もあっ!という間に過ぎ去りました。
寒い中、たくさんのご来店ありがとうございますm(__)m
仕事が山積みですが、頑張ります!!!

 イヤリングからピアスへのリフォームご依頼でした。
パールは、芯を付けてボンドで固定されてますので、熱湯に入れてボンドを柔らかくして外す事ができます。
外した後は、ピアス用の金具に、またボンドで接着したら完了です。

パール以外でも、
「ピアスをイヤリング」
「イヤリングをピアス」
にリフォーム致しますので、

これ気にっているけど・・・
せっかくいただいたけど・・・
ピアスなの・・・(ピアスの穴を開けてない方)

またその逆の方もお気軽にご相談下さい。

オーダーメイドジュエリー、リフォーム

sgesmith at 13:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年02月06日

指輪の変形直し

変形

←マリッジリング(結婚指輪)修理のご依頼です。

初めて拝見したときは、
うっ

お話によると、変形したものをペンチで形成しようとされたようで、
ひとつは完全に円が切れてました。
ペンチの跡がつき、ボロボロでした。

激しい夫婦喧嘩をされたようで、ご夫婦のご親族がご依頼されました。


まかせろ、ガッテン!

切れ目をロウ付け、形成、研磨、日付を入れ直し
マリッジリングの復活です

変形直し後

末永〜〜〜〜く(強)、お幸せに。

ご依頼あれば、何度でも円(縁)は繋ぎます。

オーダーメイドジュエリー、リフォーム 

sgesmith at 13:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年01月07日

3連リング

3連リング3連リング







http://www.sgesmith.com/R080106.html

 ロンドン在住の日本人方から、リングのご依頼を承りました。
12月は日本に帰国されるとのことでしたので、再びロンドンへ発たれる昨年の末までに、発送お渡しが無事出来ました。

ご要望は、ご家族の誕生石を使用し、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、イエローゴールドの3連リングです。
始めに数パターンのデザイン画をご提案させてもらい、1番初めのデザイン画が思い描くイメージとピッタリのデザインでしたので、すぐに製作にかからせてもらいました。
3色のK18地金に、ご本人の誕生石エメラルド、二人の息子さんの誕生石オパール、娘さんとご主人の誕生石ムーンストーンを、平打ちリングに覆輪留めしています。
爪がないので、日常でも嵌めることが出来る、スタイリッシュな指輪に仕上がりました。

昨年の、最後の仕事でしたので、
発送した時には、
「ふ〜〜〜〜」と安堵感が

N様、この度はご依頼誠にありがとうござました。
メンテナスでご不明な点は、ご連絡下さい。

息子さんの空手が、益々上達されるといいですね。

オーダーメイドジュエリー、リフォーム

sgesmith at 13:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月29日

本年はありがとうございました。

 今年も残すところ、後3日。
早いな〜〜〜。
今年は飛躍の年でした。
アトリエを熊本の中心地に移転させたことで、リフォーム、修理のご依頼が増えました。
作業の日々を送っています。
今年もまだまだ仕事が残ってますので、もうひと踏ん張りです。
お店の営業は、年末は30日(日)まで、年始は3日(木)より営業致します。
熊本は今夜冷え込みそうです。

オーダーメイドジュエリー、リフォーム





sgesmith at 20:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)