指輪サイズ直し

2008年06月02日

35年物の指輪

結婚指輪結婚指輪 研磨後










 先日、お客様が
「指輪を切って欲しいのですが・・・」とご相談にご来店されました。
「35年間一度も指輪を外した事ありません、というより外れません・・・
お客様は過去何度か、石鹸や中性洗剤で試みられましたが、
しかし抜けることなく指輪は左手の薬指に抱きついたままのようでした。
関節の部分でひっかかり、抜けなかったようです。

そのまま35年の歳月が流れました・・・
(35年か〜〜〜〜)

そのまま指に抱きついたままでも・・・と思いますが、
お客様のご要望ですので、緊急用のリングカッターを使用する方法もありますが、
まずは私のゴッドハンドで!(笑

関節にある皺を、手の甲側に引っ張り、指輪を回転させながら、
少しづつ抜きます。


・・・・

・・・・


抜けました!!!

「あらっ
「何度も外そうと試したのに・・・」

その後サイズ直しと磨き直し(刻印を残す為、そしてプラチナなので表面を軽く磨きます)をしてお渡ししました。


肌身離さずつけられていた35年物の指輪は、何かを語るようでした。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)