貴金属加工

2012年03月26日

琥珀のピンブローチ

琥珀のピンブローチ


 指輪に留まっていた琥珀より、
ピンブローチを製作させて頂きました。
  ↓
http://www.sgesmith.com/reform120326.html


アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月03日

こんなリフォームも致します。

リフォーム加工


リフォームのご依頼でした。
  ↓
http://www.sgesmith.com/reform101103.html


 このようなリフォームは多くはありませんが、
元枠、指輪(貴金属)を残され、新たな形にされたい場合もあります。

始めのご相談時に、
「リフォーム出来ます。」
とお話しすると、お客様が目の前で突然目頭を熱くされました。

石が外れ、ぐちゃぐちゃに変形した指輪ですが、
お母様が東京に行かれた際にタクシーのドアで挟み、
石が外れ枠のみが残ったみたいです。

目頭を熱くされた理由はお尋ねしませんでしたが、
この仕事をしてて良かったな〜〜〜と思いました。

今回は作業工程を写真に撮ってお渡ししました。
大変喜ばれましたが、現在お母様は介護が必要な状態で
指輪の事が思い出せないそうなので、
ご自分で身につけられるようです。

このようなリフォーム、加工も承っております。

アトリエ・シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 16:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月20日

貴金属は柔らかい

ヘラ磨き

 ん〜〜〜〜本日は晴天なり

「地金をしめる」と言ますが、
出来立てのリング、貴金属の表面は柔らかく、ぶつけたりすると傷が付きやすいのです。
写真のように、ピカピカに磨いた金属の棒(へら)を、リングに力いっぱい押し当てて、
表面を固くします。これを「しめる」と呼びます。
この後には、火を使いません。また柔らかくなるからです。

この工程をひと手間加えることで、仕上がりが全然違ってきます

疲れますが・・・

Sge Smithのホームページへ

sgesmith at 11:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)