金具

2011年11月19日

真珠ネックレスのクラスプ(金具)をペンダントにリフォーム

金具リフォーム


 真珠ネックレスについていたクラスプ金具を、
ペンダント用にバチカン金具をつけてリフォームさせて頂きました。
クラスプでも結構豪華なクラスプでした。
  ↓
http://www.sgesmith.com/reform111102.html

http://www.sgesmith.com/reform111102.html


sgesmith at 14:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月24日

金属疲労

金属疲労

 シルバーネックレスの金具修理のご依頼でした。
持ち込まれた時には矢印の部分に亀裂が入り、今にも折れそうな金具でした。
(画像は修理後です。)
金属を曲げたり、延ばしたりしていると、ポキッ!と折れる事がありますが、
これを金属疲労と呼びます。
この修理は亀裂をロウ付け後、磨いて仕上げる簡単な加工で済みました。


アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年10月24日

バチカンのバチカン製作

バチカン


 お手持ちのペンダントにはクリップ式のバチカンがありましたが、
カットせずに(ブランド品の為)新たに大き目のバチカンを製作しました。
これでお客様のご希望のネックレスに通す事が出来ました。
今後の事を考え、ブランド品の加工は避けたいと思ったからです。
バチカンのバチカンですが、取り外しか出来ます。

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 13:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月04日

かしめる

かしめる1


 シゲスミスの「たぶんやさしい彫金講座”かしめ編”」
です。

 オーダーメイドの帯留め兼ブローチ兼ペンダントの製作中です。
ブローチの金具はピンで留めますが、”かしめ”て本体とピンを固定します。

本体とピンの位置に気をつけます。
ブローチをつけた時に前倒れしないように、
中心よりも若干上にピンをつけます。
ちなみにかしめる作業は、最終工程です。



かしめる2

←両端が丸くなった”いも槌”でかしめます。
先端はピカピカに磨いています。
金床の隅にピンの可動部分をのせ両端を丸くします。
キノコの頭みたいに綺麗な半円に整えます。


かしめる3

ちょっと画像が不鮮明ですが、完成です。
かしめた時に、キノコの頭と金具の間に、隙間があったら不十分なので、
長さを正確に決めて綺麗に整えましょう。

この”かしめる” 物作り(金属加工)では、多用されています。


シゲスミスの「たぶんやさしい彫金講座”かしめ編”」でした。

アトリエ シゲスミスのホームページへ

sgesmith at 12:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月07日

コインに金具付け

バチカン 金具付け



 お預かりしたコインに丸カンとバチカンをつけました。
金貨、記念コインなどは、丸い金具の中にコインを入れ固定する、コインフレームがありますが、
コインに直接つけています。

私も一つ、同じように加工したものを持ってます。
しかしこういう場合は貨幣損傷になるのか・・・
ん〜〜〜どうなんでしょうか。
海外のお土産屋、雑貨屋では結構見かけた気がしますが・・・

オーダーメイドジュエリー、リフォーム

sgesmith at 11:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)