金属アレルギー

2007年02月19日

金属アレルギー

 近頃、私のブログが「ピンクゴールド」、「金属アレルギー」
の語句でかなり検索ヒットしていますので、2つについてご説明したいと思います。

まずは
「金属アレルギー」
かゆいかゆい、皮膚が赤くなった、ピアスをつけたら化膿した(TДT) 等々

「アレルギーなのでステンレスで製作したい」との、ご依頼が多々ありました。
ちなみにステンレスは加工が難しい為、私の工房では取り扱っていません。(すみません)

発症した金属アレルギーは治りにくいです、というより完治しません。
どうしても、貴金属を身に着けたい方は、チタンという素材もありますが、
一度皮膚科で、どの貴金属にアレルギー反応を示すのか、パッチテストを受けてみられて下さい。

<金属アレルギーとは?>

例えばファーストピアスで穴をあけた時に、汗で金属が溶けて、イオン化した金属が体内に入り、
また同じ貴金属が体内に入ると、害のある異物が入ったと免疫細胞が攻撃をはじめます。たんぱく質は破壊され、炎症が起こります。炎症=拒絶反応が金属アレルギーです。
ですので、将来の為、ファーストピアスには、汗の塩素イオンに強い、チタン、医療用ステンレスの素材をお勧めします。
決して、メッキの施されたファーストピアスは使用されないで下さい。
綺麗に見せる為、金メッキなどの下地に、最近は少なくなりましたが、汗に溶けやすいニッケル(硬貨に含まれる素材)のメッキを施してあるからです。(製作者しかその真意は分かりませんが・・・
硬貨を握っただけでアレルギー反応を示す、重度の金属アレルギーの方もいらっしゃいます。(ニッケルによるもの)

ファーストピアスの穴開けは、信用のあるクリニックにご依頼される事をお勧めします。

全ての金属にアレルギー反応を起こす方は・・・
ん〜〜〜〜(-_-;)

貴金属のアクセサリー、ジュエリーは諦めて下さい(;´Д`)

次回は
女性に人気の
「ピンクゴールドについて」

ブログランキングです。
「ポチっとな」 と
ワンクリック、ご協力お願いしますm(_ _)m
    ↓
ranking


Sge Smithのホームページへ

sgesmith at 13:43|PermalinkComments(9)TrackBack(0)